このページの本文へ

L3キャッシュ1MB搭載版の「Xeon-3.06GHz」がリテールパッケージで発売開始!同時に大幅価格改定を実施!

2003年07月16日 21時24分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
L3キャッシュ1MB
L3キャッシュ1MB搭載モデル「Xeon-3.06GHz」

 FSB533版の“Xeon”シリーズに、L3キャッシュ1MB搭載モデル「Xeon-3.06GHz」が登場した。この製品は、先日15日に発表されたばかりのCPUで、既存のモデルで搭載していた512KBのL2キャッシュに加え、新たに1MBのL3キャッシュを搭載しているのが最大の特徴だ。



パッケージ 仕様
15日に発表されたばかりだが、すでに複数ショップで販売中だキャッシュ以外の主な仕様は同じようだ

 Socket604に対応する点や製造プロセスが0.13μmなど、従来のL2キャッシュ512KB版「Xeon-3.06GHz」と同じで、対応チップセットも“E7501”や“E7505”となっている。



価格改定 動作デモ
今回の発売に伴い、既存のモデル(L2キャッシュ512KB版)は大幅な価格改定が行われているフェイスでは実際に動作デモを行っている

 秋葉原の複数ショップでは、昨日から店頭に並びはじめているほか、フェイスでは実際に動作デモを行っているので興味のある人は覗いてはいかがだろうか。価格はTSUKUMOeX.で8万6979円、高速電脳とUSER'S SIDE本店で8万9800円、スーパーコムサテライトで9万3800円、ぷらっとホームで9万4800円となっている。
 なお今回の発売に伴い、既存のモデル(L2キャッシュ512KB版)は大幅な価格改定が行われている。例を挙げると、「Xeon-3.06GHz」が約6万円、「Xeon-2.8GHz」が約4万5000円などで、約2万円という下げ幅を記録している。対応マザーボードも安い製品であれば3万円台での購入が可能で、かつては“夢”だった“Xeon”システムもかなり身近になった印象だ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ