このページの本文へ

ナナオ、フリーマウント仕様の19インチ液晶ディスプレー『EIZO FlexScan L767-F』など3製品を発売

2003年06月17日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ナナオは17日、フリーマウント仕様の液晶ディスプレーとして、19インチの『EIZO FlexScan L767-F』、17インチの『EIZO FlexScan L557-F』、15インチの『EIZO FlexScan L367-F』の3製品と、液晶ディスプレー用アーム『LA-130-D』『LA-120-D』、液晶ディスプレー用壁掛けアーム『LA-010-W-BK』、デュアルディスプレー用スタンド『LS-HM1-D』を27日に発売すると発表した。液晶ディスプレーの価格はオープン。編集部による予想販売価格は、FlexScan L767-Fが11万円前後、FlexScan L557-Fが6万3000円前後、FlexScan L367-Fが4万5000円前後。アームとスタンドの価格は、LA-130-Dが2万9000円、LA-120-Dが2万4000円、LA-010-W-BKが9000円、LS-HM1-Dが4万8000円。

フリーマウント仕様の液晶ディスプレー
フリーマウント仕様の液晶ディスプレー。左から『FlexScan L767-F』『FlexScan L557-F』『FlexScan L367-F』。下段はアーム/スタンドとの組み合わせ例

『FlexScan L767-F』『FlexScan L557-F』『FlexScan L367-F』の3機種は、販売中の製品をフリーマウント仕様としたもの。『FlexScan L767-F』と『FlexScan L557-F』は、輝度が250cd/m2、コントラスト比が500:1、視野角が上下/左右170度、応答速度が25ミリ秒で、表示性能などは『FlexScan L767』『FlexScan L557』と同等。解像度は1280×1024ドット(推奨)で1677万色表示に対応する。『FlexScan L367-F』は輝度が250cd/m2、コントラスト比が450:1、視野角が上下150度/左右160度で、解像度は1024×768ドット(推奨)で1677万色表示に対応するなど、表示機能は『FlexScan L367』と同等となっている。

液晶ディスプレー用アーム『LA-130-D』と『LA-120-D』は15インチから17インチまでと19インチの液晶ディスプレーに対応した製品で、チルト/高さ調整/スウィーベル(ディスプレー/アーム)、前後移動、ローテーションを行なえるのが特徴。『LA-130-D』は3軸1リンク構造を採用し、ケーブルをワンプッシュで収納できるという。素材はアルミダイカストを採用する。『LA-120-D』はデスククランプ部に、上部から固定する独自のスマートアタッチ機構を採用したのが特徴。液晶ディスプレー用壁掛けアーム『LA-010-W-BK』は、15インチから19インチに対応した製品。チルト/スウィーベル(ディスプレー)/ローテーションが可能で、壁面やパーティションに取り付けられる。デュアルディスプレー用スタンド『LS-HM1-D』は17インチから21.3インチの液晶ディスプレーを2台搭載できる製品で、異なるサイズのディスプレーを装着することも可能。チルト/高さ調整/スウィーベル(ディスプレー)/ローテーションが行なえる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン