このページの本文へ

NTTドコモ、505i向けの『Macromedia Flash』対応コンテンツ作成ガイドラインとツールを公開

2003年05月12日 16時34分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモは12日、iモード携帯電話機“505i”シリーズ向けの『Macromedia Flash』コンテンツを作成するためのガイドラインとツールを同日付けでウェブサイトで公開したと発表した。

シミュレーターの画面イメージ
iモードHTMLシミュレータ

ガイドラインでは、505iシリーズに搭載されている『Macromedia Flash』の実行環境の特徴や、iモード向けコンテンツを作成するために利用できる技術情報などを提供する。ツールについては、パソコン上でローカルディスクあるいはウェブサーバー上にあるiモード対応ページをシミュレートするための『iモードHTMLシミュレータ』を提供する。『iモードHTMLシミュレータ』は、505iシリーズに搭載される『Macromedia Flash Player』と同等のプレーヤーソフトを搭載しており、HTTP通信のやりとりをチェックするためのログウインドウ機能や、表示中のHTMLソースの表示&編集が行なえるほか、表示中の画面の印刷、クリップボード経由でのほかのアプリケーションへの貼り付けも行なえる。

これらの情報は、同社のホームページ“DoCoMo Net”の“作ろうiモードコンテンツ”で公開する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン