このページの本文へ

ソニー、無線LAN製品群“CarrierGateシリーズ”にIEEE802.11g対応モデルを追加

2003年05月14日 15時00分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)とソニーマーケティング(株)は14日、無線LAN製品群“CarrierGateシリーズ”の新製品として、IEEE802.11g(ドラフト)準拠の無線LAN対応ブロードバンドルーター『PCWA-AR300』、無線LANアクセスポイント『PCWA-A320』、PCカードタイプの無線LANアダプター『PCWA-C300S』、無線LANコンバーター『PCWA-DE30』の4製品を発表した。発売予定日は31日(無線LANコンバーターのみ6月28日予定)で、価格はオープンプライス。編集部による予想実売価格は、PCWA-AR300が約2万5000円、PCWA-A320が約2万円、PCWA-C300Sが約1万円。なお、本製品はソニーのデスクトップ/ノートパソコン“バイオシリーズ”専用オプションではなく、他社製品と組み合わせても利用可能な周辺機器として販売される。

PCWA-AR300
『PCWA-AR300』

PCWA-AR300は、2.4GHz帯(IEEE802.11gドラフト準拠)の無線送受信を行なう“ワイヤレスユニット”と、WAN側×1/LAN側×4(すべて10/100BASE-TX、Auto MDI/MDI-X対応)の5ポートを持つ“ルーターユニット”で構成される無線LAN対応ブロードバンドルーター。ワイヤレスユニットは、セキュリティー機能として、64/128bit WEPとMACアドレスフィルタリング(64件登録可能)に対応し、ソフトウェアアップデートにより“WPA(Wi-Fi Protected Access)”にも対応予定。ルーターユニットは接続した機器に応じて自動的にIPアドレスを割り当て/割り振られる“DHCPサーバー/クライアント”機能、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを変換する“NAT(Network Address Translation)”機能、ビデオチャットやネットワークゲームなどのアプリケーションが要求するポートを自動的に開く“UPnP(Universal Plug&Play)”機能、EthernetでPPP接続と同様のリンクを実現する“PPPoE(PPP over Ethernet)”機能、インターネット経由で社内/家庭内などのLANにアクセスする“VPN(Virtual Private Network、対応プロトコルはPPTP/IPsec)機能”などをサポートする。

なお、ワイヤレスユニットの電源は、ルーターユニットに2ポート用意されたソニー独自の電源供給機能付きポート“パワーサポート”により、“電源付きEthernetケーブル”から供給される。なお、パワーサポートで電源を供給できるのは電源付きEthernetケーブルを持つ専用ワイヤレスユニットのみ。このケーブルの端子には突起がついており、通常のEthernetポートに差すことができなくなっている(パワーサポート端子に通常のEthernetケーブルを差して、Hubとして利用することは可能)。

PCWA-A320
『PCWA-A320』

PCWA-A320は、有線LANの間に接続してIEEE802.11gドラフト準拠の無線LANで中継するブリッジタイプのアクセスポイントで、無線送受信を行なう“ワイヤレスユニット”とWAN側×1/LAN側×1の“パワーユニット”から構成される。ワイヤレスユニットを接続するLAN側ポートは電源供給が可能な“パワーサポート”対応。

PCWA-C300S『PCWA-C300S』

PCWA-C300Sは、IEEE802.11gドラフト準拠のCardBus対応(PCカードTypeII)無線LANカード。セキュリティー機能はPCWA-AR300と同様、64/128bit WEPに対応し、ソフトウェアアップデートでWPAにも対応予定(Wi-Fi認定取得予定)。Windows Me/2000/XP対応のユーティリティーソフト『ワイヤレスパネル』が付属し、アクセスポイントの状態表示や、動画データの伝送時にアクセスポイントの走査を止めて接続安定性を高める“ストリーミングモード”(Windows XPでのみ有効)が利用できる。なお、カード本体のアンテナ部を垂直に立てることで、カードの長さ(PCカードスロットから出っ張る部分)を従来機種『PCWA-C100』(IEEE802.11b準拠)よりも27mm短くしている。

PCWA-DE30
『PCWA-DE30』

PCWA-DE30は、既存のパソコンやネットワーク機器(『プレイステーション2』の“PlayStation BB ユニット”など)のEthernetポートに接続することで、無線LANへの参加が可能になる“ワイヤレスLANコンバーター”。セキュリティー機能は64/128bit WEPに対応し、ウェブブラウザーベースの設定ユーティリティーで各種ネットワーク設定を行なうほか、PCWA-AR300やPCWA-A320と組み合わせると(有線接続)、SSIDやチャンネルなどの設定情報をパソコンなしで移植できる。なお、設定を移植した側にはログが残り、パソコンで確認が可能。

掲載当初は、無線接続で設定情報が移植できる旨を記載しておりましたが、正しくは有線接続で移植できる、となります。お詫びして訂正いたします。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン