このページの本文へ

米ザイリンクス、90nmプロセスのFPGA“Spartan-3”を発表

2003年04月15日 23時58分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ザイリンクス(株)は15日、米ザイリンクス(Xilinx)社が現地時間の14日付けで、90nmプロセスで製造するFPGAの新製品“Spartan-3”ファミリーを発表したことを明らかにした。

“Spartan-3”ファミリー
“Spartan-3”ファミリー

“Spartan-3”は、同社のFPGA(※1)ファミリー“Spartan”の新製品で、集積度が5万システムゲートから500万システムゲートの製品群。ラインアップは、5万システムゲート(1728ロジックセル)でI/Oピン数が124の『XC3S50』から、500万システムゲート(7万4880ロジックセル)でI/Oピン数が784の『XC3S5000』まで、8製品が用意される。

※1 FPGA(Field Programmable Gate Array) :ASIC(特定用途向けIC)の一種で、ユーザーが設計した回路を電気的に書き込んで(プログラミング)、任意の機能を持ったICを作成できるデバイス。一度書き込んだ後で再プログラミングも可能。PLD(Programmable Logic Device)とも呼ばれる。

ダイフォト
Spartan-3の90nmプロセスによるダイ

“Spartan-3”は、ブロックRAMと分散型RAMを組み合わせて利用できるほか、90nmプロセスによる高集積化に伴うチップサイズの縮小に対して、I/Oピン数を減らさないために、2重リング構造のスタッガーパッド配置を採用し、最大784ピンのI/Oピンを利用できる。組み込み可能なDSPとして、33万MMAC(3300億MAC)(※2)の処理性能を持つ“エンベデッドXtremeDSP”を用意する。インターフェースはPCI 32/33、PCI 64/33を含む23種類のパラレルI/Oをサポートしており、信号形式はシングルエンドとディファレンシャル・シグナルの両方に対応する。32bitの“MicroBlazeソフトプロセッサー”を利用することも可能。パッケージは256ピン、456ピン、676ピン、FGなど各種用意されている。

スタッガーパッド配置
2重リング構造のスタッガーパッド配置によりI/Oピン数を確保
※2 MMAC(Million Multiplications and Accumulations per Second) :1秒間に積和演算を100万回実行できる処理速度の単位。33万MMACでは1秒間に3300億回の積和演算が行なえることになる。

Spartan-3のラインアップ
デバイス名 集積度 I/Oピン数
XC3S50 5万システムゲート 124
XC3S200 20万システムゲート 173
XC3S400 40万システムゲート 264
XC3S1000 100万システムゲート 391
XC3S1500 150万システムゲート 487
XC3S2000 200万システムゲート 565
XC3S4000 400万システムゲート 712
XC3S5000 500万システムゲート 784

価格は、5万システムゲートの『XC3S50』が3.5ドル以下(約420円)、100万システムゲートの『XC3S1000』が20ドル以下(約2400円)。この2品種は出荷を開始しており、それ以外の6製品は夏に出荷開始の予定。量産出荷は2004年初めとなるという。量産出荷時には400万システムゲートの『XC3S4000』の価格を25万個時で100ドル以下(約1万2000円)と想定しているという。

サンディープ・ビジ氏
来日したワールドワイド・マーケティング担当副社長のサンディープ・ビジ(Sandeep Vij)氏

製品発表に合わせて来日した米ザイリンクスのワールドワイド・マーケティング担当副社長のサンディープ・ビジ(Sandeep Vij)氏は、“Spartan-3”について、米IBMマイクロエレクトロニクス社と台湾UMCの2社をパートナーとして90nmプロセスで製造することで、他社製品より低価格化とダイサイズの小型化が図れたことを説明。次に、ASICに比べて、開発コストが10分の1で、開発期間が2分の1、プログラムの書き換えが可能というメリットを挙げ、ミッドレンジのASICからの置き換えが加速されるとした。市場については、従来のSpartanファミリーの市場に加えて、低価格ルーター/低価格SAN/ブレードサーバーなどのネットワーク/通信分野や、医療用/産業用画像機器などの映像分野、DVD-RWプレーヤー/液晶テレビなどの民生機器の市場に拡大できるとし、市場規模が従来Spartanシリーズの8倍となり、2006年での推定市場規模を230億ドル(約2兆7600億円)と推定していることを明らかにした。

北島基弘氏
2002年8月にザイリンクスの代表取締役会長兼社長に就任した北島基弘氏

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン