このページの本文へ

プロトン、“Acronis”ブランドのシステムユーティリティーソフト4製品の販売を開始

2003年02月07日 15時40分更新

文● 編集部 高橋洋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)プロトンソフトボート事業部は7日、Windows XPライクなインターフェースが特徴の“Acronis”ブランドのシステムユーティリティーソフト4製品の販売を同日付けで開始すると発表した。対応OSはいずれもWindows 95/98/Me/NT/2000/XP。

PartitionExpert 2003『PartitionExpert 2003』パッケージ

同社は、10月1日に米Acronis(アクロニス)社と国内での総代理店契約を締結したのに伴い、Acronisのシステムユーティリティー製品を発売すると発表していたが、当初の予定よりもリリースが遅れていた。今回、1月17日に発売した1製品を含めて、“Acronis”ブランド5製品の販売を開始する。

『PartitionExpert(パーティションエキスパート) 2003』は、FAT16/FAT32/NTFS/Linux Ext2/Ext3/ReiserFS/Linux Swapに対応するパーティションマネージャー。 データを保持したままパーティション操作を高速に行なえるのが特徴。リカバリーソフト『RecoveryExpert』も同梱する。価格は1万1800円。

TrueImage 6.0
『TrueImage 6.0』画面

『TrueImage(トゥルーイメージ) 6.0』は、ハードディスクや個別のパーティションイメージのバックアップを行なうツール。イメージの作成中に別の作業をすることも可能。価格は8000円。『PrivacyExpert(プライバシーエキスパート) 2003』は、インターネット利用も含めてパソコンで行なったあらゆる作業内容を削除できるツール。ウェブブラウザーは、Internet Explorer/Netscape Navigator/Mozillaをサポートする。価格は5800円。『MigrateEasy(マイグレートイージー) 6.0』は、パソコンのハードディスク情報を丸ごとコピーすることでディスクの交換を支援するツール。価格は5800円。

『PowerUtilities(パワーユーティリティーズ) 2003』は、『PrivacyExpert 2003』と『MigrateEasy 6.0』に加えて、ハードディスクとパーティションデータの手動による編集が可能な『DiskEditor 6.0』、ハードディスクおよび個別のパーティション情報を抹消する『DriveCleanser 6.0』、リカバリーソフト『RecoveryExpert』を同梱する。 価格は1万4800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン