このページの本文へ

NEC、使用済みパソコンのリユース業務を開始

2003年01月27日 17時23分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)は27日、ユーザーサポートと環境対応の強化のため、同社製の使用済みパソコンを再生し、再利用するリユース業務を開始すると発表した。第1弾として、再生委託業務契約を結んだ販売店から委託された使用済みパソコンを再生するリユース業務を同日付けで開始する。

これは、中古パソコンビジネスを行なう販売店がユーザーから買い取り、あるいは下取りしたパソコンに対して、NECカスタムサポート(株)がHDDのデータ消去や外観/内部清掃、OSの再インストールを行ない、電子マニュアルを添付して、新商品の出荷検査と同等の動作確認テストを行なったうえで販売するもの。メーカー保証は6ヵ月間で、Office XP Personalのプレインストールにも対応可能という。対象機種は、個人向けデスクトップパソコン“VALUESTAR”とノートパソコン“LaVie”、ビジネス向けデスクトップパソコン“Mate”とノートパソコン“VersaPro”。販売店からの個人向けパソコンの再生委託は同日から受け付け、ビジネス向けパソコンは2月27日

同社ではリユース業務により、使用済みパソコンの買い取りを希望するユーザーの要望に応えるとともに、安心して購入できるリユースパソコンを市場に提供できることから、パソコンの寿命が延び、廃棄物の発生を抑制することもできるとしている。4月以降には、NECカスタムサポートがユーザーから直接使用済みパソコンの買い取りを行なうサービスも開始するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン