このページの本文へ

三洋電機、IP電話機『SIP-2000』を発売

2003年01月24日 20時19分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

三洋電機(株)は23日、IP電話機『SIP-2000』を4月上旬に発売すると発表した。価格は4万8000円。

『SIP-2000』
『SIP-2000』

『SIP-2000』は、IP電話のプロトコル“SIP(Session Initiation Protocol)”に準拠したほか、1台の電話機に複数の電話番号を割り当てる“マルチライン”に対応したのが特徴。外線/内線/ワンタッチダイヤルに設定できるラインキーを12個搭載する。そのほか、保留、転送、コールウェイティング、話中発信、三者通話、電話帳(最大50件)、発/着信履歴(各20件)などの機能も搭載する。ネットワークポート×1と、パソコンのLANポートにカスケード接続できるQoS(Quality of Service)対応ポート×1(スイッチングHub機能搭載)を装備する。電源はAC100VでACアダプター(DC8V)を利用する。本体サイズは幅180×奥行き215×高さ91mm、重量は1170g。本体カラーはライトグレー。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン