このページの本文へ

徹底検証!! DVD-VR再生互換性

徹底検証!! DVD-VR再生互換性

2002年12月26日 00時00分更新

文● 今澤傘之輔

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

徹底検証!! DVD-VR再生互換性

月刊アスキー 2002年12月号の特集2「マルチ書き込みのすべてがわかる! DVD Multi & DVD±RW」の「検証2 DVD-VR vs DVD+VR互換性勝負!」の記事内(P.222~223)で、DVD-RWメディアにDVD-VRモードで書き込んだビデオを民生機やゲーム機で再生できるかどうかというテストを行っていますが、DVD-Videoフォーマットで書いたディスクを使用しての結果を掲載してしまいました。改めて検証した結果をここに掲載いたします。

DVD-VRフォーマットの再生テスト結果

 現在、PCでDVD-VRフォーマットで書き込めるソフトが存在しないため、再生テストには民生機のパイオニア製「DVR-77H」で記録したDVD-RWメディア(DVD-VRモード)を使用。民生機のDVDプレーヤやDVDビデオ再生可能なゲーム機、PC環境などで再生テストを行った結果を表1、2に示した。パイオニアでは、“DVD-RWにDVD-VRフォーマットで記録した映像は、「RW COMPATIBLE」マークの付いたDVDプレーヤで再生が可能”としており、今回のテスト機の中では、パイオニアの「PDV-LC20TV」とソニー製「DVP-NS715P」が対象製品となる。これらの機種での再生は編集部の検証でも問題なく再生できたが、そのほか対象外のプレーヤ・ゲーム機では再生できなかった。PCでは、DVD-VR対応のDVDソフトプレーヤ「PowerDVD XP」(サイバーリンク)を使用し、編集部の環境での再生は問題なく行えた。

表1 DVD-RW(DVD-VR記録)メディアの再生互換性テスト結果(民生機編)
メーカー製品名(※1)種別結果
パイオニアDVR-77HDVD/HDDレコーダメディア作成
PDV-LC20TVポータブルDVDプレーヤ
ソニーDVP-NS715PDVDプレーヤ
東芝RD-XS30DVD-RAM/R/HDDレコーダChapter1のみ再生可
日立DV-P500DVDプレーヤディスク認識せず
パナソニックDMR-HS2DVD-RAM/R/HDDレコーダディスク認識せず
パイオニアDV-353-SDVDプレーヤディスク認識せず
マイクロソフトXboxゲーム機ディスク認識せず
ソニーPlayStation2ゲーム機ディスク認識せず
※1 製品名 借用の都合で、2002年12月号とは使用した民生機の機種が異なっています。

表2 DVD-RW(DVD-VR記録)メディアの再生互換性テスト結果(PC編)
メーカードライブ名種別再生結果(※2)
東芝SD-M1612DVD-ROMドライブ
アイ・オー・データ機器DVR-iUH2DVD-Multiドライブ
※2 再生環境 DVD再生ソフトは「PowerDVD XP」(サイバーリンク)を使用。

コラム:DVD-VRとDVD+VR

DVD-VideoとDVD-VRのフォーマットの違い
図 DVD-VideoとDVD-VRのフォーマットの違い。

 DVDメディアに映像を記録する規格のうち、一番ポピュラーなのは「DVDビデオフォーマット」(DVD-Video)だろう。だがDVD-Videoはビデオ映像を読み出し専用メディア(DVD-ROM)で配布する目的で策定されたものなので、ユーザーによる追記や部分消去、あるいは上書きを考慮した作りになっていない。DVD-Videoでは、データがディスク領域の先頭から連続して書き込まれる必要がある。だが、それでは映像データの書き換えや部分消去などができず、リライタブルメディアの特徴を活かすことができない。つまり「家庭でVTRのように使いたい」といったニーズには応えられないのだ。

 そこで記録型DVDをVTRと同じような感覚で扱えるようにするために、記録済みのメディアを編集可能とする規格が開発された。これには以下の2種類がある。



1.DVDビデオレコーディングフォーマット(DVD-VR)

……「DVDフォーラム」が策定した規格で、主にリライタブル(書き換え型)メディアであるDVD-RW/DVD-RAMでの利用を想定している。民生用DVDレコーダなどで使われているほか、PCでも対応のソフトを使えばDVD-VRで記録したDVD-RAMの編集は可能である。ただし民生用DVDプレーヤの場合、

  1. DVD-RAM/DVD-RWの読み出しが物理的に可能なこと
  2. DVD-VRの再生に対応した機種であること

以上2つの条件が揃わなければ再生できない。つまりDVD-RW対応のDVDプレーヤであっても、さらに“DVD-VRにも対応”していなければ、DVD-VRで記録されたDVD-RWディスクは再生できないということだ。一方、PC用のDVD再生ソフトでは、 DVD-RWに「DVD-VR」で記録したビデオの再生に対応しているものがあり、対応ソフトを使えばPCでの再生が可能である。

2. DVD+RWビデオレコーディングフォーマット(DVD+VR)

……「DVD+RWアライアンス」が策定した、DVD+RW向けの規格。書き換えや部分消去などの編集機能はDVD-VRと似ているが、DVD+VRの最大の特徴は、書き換え/部分消去したあとのディスクもDVD-Videoとほぼコンパチブルであること。つまり“DVD-VRで記録されたディスクを再生できないDVDプレーヤ”でも、DVD+RWディスクを物理的に読み出せるものならば、DVD+VRで記録されたディスクを再生できる可能性が高いというわけだ。もちろんPC用のドライブでもDVD-Videoとして再生できる。さらにPC用のDVDオーサリングソフトでは「neoDVD standard v4.0」をはじめ、DVD+VRに対応したものが登場してきており、DVD+VRでの書き込みや再編集が可能となっている。


 PCとの連携、民生機での再生互換性といった観点からまとめると、DVD-VRはPCでの再生は可能だが、今のところDVD-RWメディアにDVD-VRモードで書き込めるPC用のソフトは存在しない。また、民生機においても再生できるプレーヤを選ぶ。

 一方、DVD+VRは、国内ではDVD+VR対応の民生用DVDレコーダはまだ市場に出ていないが、PCでDVD+VRでのDVDビデオの作成・編集は可能であり、また作成したビデオに関してもDVD-Videoとの互換性の高さから、民生機での再生互換性も高い。

 ただ、PCの世界では、ユーリードシステムズが発売するDVDオーサリングソフト「DVD MovieWriter 2.0」が、DVD-RWディスクにDVD+VRフォーマットで書き込む機能を搭載している。このようにメディアの種類を選ばず自由に書き込みフォーマットを選べる機能が普及すれば、PCとAV家電製品との間の連携は今よりさらに緊密なものになるだろう。

競合製品レビュー

MP5125A GMA-4020B DVR-A04-J
リコー「MP5125A」レビュー日立エルジーデータストレージ「GMA-4020B」レビューパイオニア「DVR-A04-J」レビュー
MP5120A PowerDVD XP Pro

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン