このページの本文へ

激安マザーボード再び!ShuttleからMicroATXマザーボード3枚が同時に発売

2002年12月11日 22時30分更新

文● HINOMOTO

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Shuttleから、低価格のMicroATXマザーボード3枚が同時に発売となった。 発売されたのはSocket 478の「MV43N」「MS52N」、Socket Aの「MK35N」でいずれも実売価格で1万円を切るという価格設定だ。

「MV43N」
「MV43N」

 まずMV43Nだが、チップセットにはVIA“P4M266”を採用。同社から先に発売されている 「MV42N」との違いはSouthbridgeがVIA“VT8235”に変更され、これによってUSB2.0に対応しているところ。 メモリスロットがDDR 200/266対応の184pin DIMMスロット×2の他にPC100/133 SDRAM対応 168pin DIMMスロット×2と2種類のメモリモジュールに対応。どちらも最大で2GBまで増設可能だが、 DDR SDRAMと従来のSDRAMを同時に使用することはできない。 IDEインターフェイスはUltra ATA 133に対応、サウンド機能では“AC97”オーディオコーデックを、 Ethernetコントローラには10/100Base-TX対応のVIA“VT6103”を採用する。 拡張スロットは4x対応のAGP×1/PCI×2/CNR×1という構成だ。 価格はコムサテライト2号店で7480円、同3号店で7600円、OVERTOPで7620円となっている。



両対応
青いスロットがDDR対応
「MS52N」
「MS52N」

 また、同じくSocket 478マザーボードのMS52Nだが、こちらはチップセットに“SiS 651”を採用して いる。FSBは533MHzまで対応し、最大2GBまで増設可能なDDR333対応DIMMスロット2つを装備。 4chサウンドに対応し、Ethernetコントローラには10/100Base-TX対応のRealtek“8100B”を 採用する。拡張スロットは4x対応のAGP×1/PCI×3/CNR×1という構成。 USBポートは2.0に対応している。 価格はコムサテライト2号店で8300円、同3号店で8500円、OVERTOPで8572円となっている。



Southbridge
Southbridgeにはヒートシンクを搭載する
「MK35N」
「MK35N」

 一方、Socket AマザーボードのMK35Nは、こちらも以前のモデル「MK32N」のSouthbridgeが VIA“VT8235”に変更されたモデルでUSB2.0に対応するのが大きな特徴。 チップセットにVIA“KM266”を採用、ビデオ機能としては “S3 ProSavage8”を採用している。その他、最大2GBまで増設可能なDDR266対応DIMMスロット2つを 装備。IDEインターフェイスはUltra ATA 133に対応、サウンド機能では“AC97”オーディオコーデック を、Ethernetコントローラには10/100Base-TX対応のRealtek“8100B”を採用する。 拡張スロットはAGP×1/PCI×3/CNR×1という構成になっており、USBは2.0に対応している。 価格はコムサテライト2号店で7700円、OVERTOPで7800円、コムサテライト3号店で7980円となっている。



コネクタ “VT8235”
背面コネクタSouthbridgeが VIA“VT8235”に変更されUSB2.0に対応する
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ