このページの本文へ

イージーユーズ、第2.5世代携帯電話向け動画再生ソフトを開発

2002年10月18日 23時06分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)イージーユーズは17日、フィンランドのオプレイオ社(Oplayo Oy)と共同開発した第2.5世代携帯電話機(NTTドコモの503/504iシリーズ、KDDI、J-フォン)のJava環境(iアプリなど)で動作する動画再生技術とアプリケーションを開発したと発表した。

同社が開発した動画再生アプリケーションは、ベクトル量子化圧縮技術を利用する独自の高圧縮技術を採用しており、毎秒5フレームの動画を15秒間再生できるという。これにより、FOMAなどの第3世代の携帯電話でなくても、動画配信が行なえるようになるとしている。また、着信メロディー/着信音声の再生機能や、静止画、テキスト表示機能も搭載する。

なお、オプレイオは、フィンランドのノキア社から独立した技術者が設立したベンチャー企業。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン