このページの本文へ

シネックス、タブレットPC『TravelMate C100』を11月初旬に出荷

2002年10月18日 20時35分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)シネックスは18日、日本エイサー(株)の“タブレットPC”『TravelMate(トラベルメート) C100』を11月初旬に開始すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は25万円前後。なお、シネックスは日本エイサーの正規代理店。

『TravelMate C100』 タブレットモード
『TravelMate C100』(ラップトップモード)タブレットモード

『TravelMate C100』は、CPUにモバイルPentium III-M-800MHzを採用し、256MBのメモリー(SDRAM)、30GBのHDD、1024×768ドット(XGA)表示の10.4インチ液晶ディスプレー、米シリコン・モーション社のグラフィックスチップ『Lynx3DM+』を搭載するパソコンで、台湾エイサー社が9月に製品化を発表したもの。液晶ディスプレーを180度回転できるため、一般的なノートパソコンのような“ラップトップモード”のほか、液晶ディスプレーを立てたまま180度回転させた“プレゼンテーションモード”、さらにそれを閉じてタブレットを表面にする“タブレットモード”を切り替えて利用できる。56kbpsモデム(V.90対応)と10/100BASE-TXインターフェース、IEEE 802.11b準拠の無線LAN機能も装備する。IEEE1394ポート×1、USB 1.1ポート×2を備え、24倍速CD-ROMドライブをUSBで外付けできる。電源はAC100~240Vで、消費電力は60W。内蔵バッテリーで約3~4時間の利用が可能。本体サイズは幅251×奥行き208×高さ29.4mm、重量は1.50kg。OSは、Windows XP Tablet PC Editionをプレインストールする。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン