このページの本文へ

ソーテック、モバイルCeleron-1.20GHz搭載オールインワンノート『WinBook WL2120』を9万9800円で発売

2002年10月15日 14時32分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ソーテックは15日、モバイルCeleron-1.20GHzと128MBメモリー、CD-ROMドライブを搭載したオールインワンノートパソコン『WinBook WL2120』など3モデルを発売すると発表した。価格は9万9800円から。

『WinBook WL2120』
『WinBook WL2120』

『WinBook WL2120』は、モバイルCeleron-1.20GHz、グラフィックス&サウンド機能内蔵のSiS 630STチップセット、128MBメモリー、20GBのHDD(UltraATA/100)、12.1インチ液晶ディスプレー(1024×768ドット約1677万色)、最大24倍速CD-ROMドライブを搭載したオールインワンノートパソコン。V.90対応56kbpsモデムポート、10/100BASE-TXポート、USB 1.1ポート×3、CardBus対応PCカードスロット(Type II×1)などを装備する。電源はリチウムイオンバッテリーで、約2.8時間の利用が可能。AC100V~240Vに対応したACアダプターが付属する。本体サイズは幅269×奥行き248×高さ35mm(最薄部28mm)、重量は約2.1kg。OSはWindows XP Home Editionで、アプリケーションとして、はがき作成ソフト『筆ぐるめ Ver.Ver.10』、交通情報検索ソフト『乗換案内』、ウイルス対策ソフト『Norton AntiVirus 2002』などが付属する。価格は9万9800円。

併せて、WinBook WL2120のメモリーを256MBに増やし、Office XP Personalを追加したビジネス向けモデル『WinBook WL2120B』と、WinBook WL2120のメモリーを256MB、HDDを30GB、CD-ROMドライブをDVD-ROM&CD-R/RWコンボドライブ(CD-R書き込み16倍速/CD-RW書き換え10倍速/DVD-ROM読み出し8倍速/CD-ROM読み出し24倍速、バッファーアンダーランエラー防止機能搭載)に換装したハイコストパフォーマンスモデル『WinBook WL2120C』の2モデルを発売する。価格は12万9800円。WinBook WL2120Cには、アプリケーションとして統合ソフト『ジャストホーム2 家計簿パック』、DVDプレーヤーソフト『Tideo DVD 2.5』、ライティングソフト『Drag'n Drop CD Ver.2.10』、翻訳ソフト『コリャ英和!一発翻訳バイリンガル Ver4.0』、地図検索ソフト『プロアトラスW for ソーテック』などが追加される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン