このページの本文へ

DTI、SOHO向けの新サービス“DTI-Rasch”を開始

2002年09月30日 21時52分更新

文● 編集部 矢島詩子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ドリーム・トレイン・インターネットは30日、SOHOを対象とした新ブランド“DTI-Rasch(ディティアイ・ラッシュ)”を立ち上げ、サービス第1弾として、レンタルサーバーサービス“DTI-Rasch Diversion(ディバージョン)サーバサービス”を10月1日に開始すると発表した。

“DTI-Rasch”は、1名~10名程度のSOHOユーザー向けに、高機能・高付加サービスを提供するというコンセプトのもとに立ち上げられた新ブランド。

“DTI-Rasch Diversionサーバサービス”では、メールディスク容量が100MB(最大400MB)、ウェブサーバー容量が100MB(最大400MB)、メールアカウントが無制限で提供される。ディスク容量はオプションとして追加も可能。このほか、“co.jp”や“.com”などのドメイン取得手数料が無料なほか、ウェブメール、メーリングリストやオリジナルのCGIの使用、ログ解析や、有料のオプションとしてウイルスチェックサービスなども追加できる。

利用料金は初期費用が1万5000円、月額基本料金が4500円。

DTIでは今後も、SOHOユーザー向けに、インターネット利用に関するさまざまな機能をラインアップとして取り揃えていくという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン