このページの本文へ

ゼロ、ぷらら、ライブドアが“フレッツ・ADSL モア”に対応

2002年09月11日 02時39分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ゼロ(株)、(株)ぷららネットワークス、(株)ライブドアは10日、各社のインターネット接続サービスが、NTT東日本/西日本が提供する12MbpsのADSL接続サービスに対応すると発表した。

ゼロは、“プラン”と“オプションサービス”で対応する。料金は現行の“フレッツ・ADSL 8M”と同じで、プランが月額1480円、オプションサービスが月額980円。オプションサービスの利用には“パワープラン”あるいは“バリュープラン”の登録が必要。11月から順次提供を開始する予定。申し込み方法については今後発表するとしている。

ぷららネットワークスは、“ぷらら”において、個人向け/法人向け/学校向けサービスで対応する。NTT東日本の提供地域では11月8日から、NTT西日本の提供地域では11月1日からサービスを提供する。個人向けメニューは、“フレッツ・ADSLセット”が月額850円、“フレッツ・ADSLプラスセット”が月額1150円。法人向けは固定制料金で使い放題のプラン“ビジネスセット”の無料オプションサービスとして提供する。“ビジネスセット”の基本料金は6ヵ月契約で1万500円、1年契約で1万9800円。学校向けは、固定制料金で使い放題のプラン“アカデミックライセンス・スーパー”の無料オプションサービスとして提供する。基本料金は1年契約で1万4400円。

ライブドアは、“livedoor フレッツプラン ADSLコース12M”で対応し、基本料金は月額1000円。初期登録手数料は1000円。11月8日から順次サービスを提供する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン