このページの本文へ

日本ソフト販売、電話帳データソフト『写録宝夢巣』と電話帳データ転送ユーティリティー『つくつく住所』の最新版を発売

2002年09月05日 17時58分更新

文● 編集部 高橋洋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ソフト販売(株)は5日、電話帳データソフト『写録宝夢巣 Ver.6』と電話帳データを転送できるユーティリティー『つくつく住所 Ver.5』を12日に発売すると発表した。 価格は両製品とも8800円。

写録宝夢巣 Ver.6
『写録宝夢巣 Ver.6』画面

パッケージ
『写録宝夢巣 Ver.6』パッケージ
『写録宝夢巣 Ver.6』は、“たずね人”の氏名を入力することにより、全国電話帳(ハローページ)の個人名約2900万人の中から、相手の電話番号および住所を表示でき、付属のアドレス帳への登録も行なえる。全国および指定地域での苗字ランキングや分布図表示なども可能。同製品がサポートする地図ソフトと連携させることにより、詳細な地図表示などにも対応する。対応OSはWindows XP/2000/Me/98/95、32MB以上のメモリー、35MB以上のハードディスクの空き容量、画像解像度800×600ドット以上が必要になる。



つくつく住所 Ver.5
『つくつく住所 Ver.5』パッケージ
『つくつく住所 Ver.5』は、約3700万件の電話帳データを収録し、電話番号から相手の住所と名称を検索して、指定したソフトに転送できる。郵便番号から住所を検索することも可能。姓名辞書機能も搭載する。対応OSはWindows XP/2000/Me/98、32MB以上のメモリー、20MB以上のハードディスクの空き容量、画像解像度640×480ドット以上が必要になる。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン