このページの本文へ

アイ・オー、7種類のディスクをサポートしたDVDドライブ『DVR-ABH2』を発売

2002年08月26日 18時54分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アイ・オー・データ機器は26日、DVD-R/RW/RAMなど7種類のディスクに対応したATAPI接続の“スーパーマルチDVDドライブ”として『DVR-ABH2』を9月上旬に出荷開始すると発表した。価格は3万8500円。併せて、ノートパソコン用内蔵用の40GBHDD『HDNV-H40G』を9月下旬に出荷開始すると発表した。価格は2万9800円。

『DVR-ABH2』
『DVR-ABH2』

『DVR-ABH2』は、DVD-R/RW、DVD-RAM、CD-R/RW、DVD-ROM、CD-ROMの7種類のディスクに対応した内蔵型DVDドライブ。DVD-RとDVD-RAMの書き込みは2倍速、DVD-RW書き換えは1倍速、DVD-ROM読み出しは10倍速、CD-R書き込みは12倍速、CD-RW書き換えは8倍速、CD-ROM読み出しは32倍速となっている。ドライブユニットは、(株)日立エルジーデータストレージ製『GMA-4020B』を採用し、インターフェースはATAPI。本体サイズは、幅146×奥行き180×高さ41.3mm、重量は830g。

アプリケーションとして、DVD-RAM編集ソフト『Panasonic DVD-MovieAlbum SE』、ライティングソフト『B's Recorder GOLD5 BASIC for Windows』、パケットライトソフト『B's CLiP5 for Windows』、DVDプレーヤーソフト『PowerDVD XP』などを収録した『DVD ProツールズコレクションCDと、ビデオ編集ソフト『Ulead VideoStudio 6 SE』、オーサリングソフト『Ulead DVD MovieWriter 1.5 SE』、3Dタイトル作成ソフト『Ulead COOL 3D 3.0 SE』、レタッチソフト『Ulead PhotoImpact 7 SE』を収録した『UleadソフトウェアCD』が付属する。

対応機種は、PC/AT互換機、PC98-NX。Pentium IIIやCeleronの500MHz以上と、HDDの空き容量として6GB以上(推奨20GB以上)が必要。対応OSは、Windows XP/2000 Professional/Me/98 SE。なお、同社では外付けモデルとして、i・CONNECT+USB 2.0/1.1対応の『DVR-iUH2』とi・CONNECT+IEEE1394対応の『DVR-iEH2』を近日中に発表するとしている。

『HDNV-H40G』『HDNV-H40G』

『HDNV-H40G』は、毎分5400回転の40GBのHDD。インターフェースはUltraATA/100に対応する。本体サイズは幅70.0×奥行き100.0×高さ9.5mm。対応機種はPC/AT互換機、PC98-NX。対応OSはWindows XP/2000/Me/98/98 SE/NT 4.0(SP4以降)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン