このページの本文へ

システム・ウェアハウス、日本でのビジネス展開を本格化

2002年08月20日 23時06分更新

文● 編集部 田口敏之

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)システム・ウェアハウスは20日、都内で報道関係者らを集めて、同社が日本市場でビジネス活動を本格化することについて発表を行なった。

システム・ウェアハウスは、システムコンサルティングやシステム構築を中心とするシステムインテグレーション事業を中心とする企業。設立は2001年1月。資本金は1000万円。所在地は東京都渋谷区桜丘町。従業員は12名。代表取締役社長は韓鳳永(ハン・ボンヨン)氏。

韓鳳永氏
代表取締役社長の韓鳳永氏

発表会において、韓氏は同社のビジネス戦略について「時代が必要とするニーズを把握した上でソフトウェアを開発し、利用者の満足感を極大化する。また、日本や韓国、中国やアメリカなどでビジネスパートナーとタイアップし、世界的なビジネスを展開する」と述べた。

スーパー・マジック 2002
コンテンツ作成ソフト『スーパー・マジック 2002』のパッケージ

具体的なビジネス戦略としては、同社が韓国の企業と共同開発した製品、コンテンツ作成ソフト『スーパー・マジック 2002』と、イメージマッチングシステム“IIMS”、および決済システム“PASS CD”を日本市場に投入する。これにより、短期的なビジネスモデルのSI事業と、中期的なビジネスモデルのパッケージソフトウェア事業、および長期的なビジネスモデルのシステム事業を組み合わせて、日本市場におけるビジネス基盤を確立するという。

スーパー・マジック 2002の概要
スーパー・マジック 2002の概要

各製品の概要については以下の通り。スーパー・マジック 2002は、動画や音声、イメージおよび動くテキストを組み合わせて、コンテンツを作成できるソフト。ほとんどの操作をマウスのみで行なえるので、初心者でも手軽に扱えるという。作成したコンテンツは、HTMLに自動変換してウェブページにすることができ、またCD-Rに記録して、ソフトがなくてもコンテンツを閲覧できるCD-ROMも作成可能(CD-ROMの作成には、別途CD-R/RWドライブやライティングソフトが必要)。対応OSはWindows 95/98/98 SE/Me/NT 4.0/2000/XP。なお同製品は、中国や韓国ですでに販売されており、マルチメディア教育カリキュラムに採用されているという。

IIMS
IIMSの概要

IIMSは、指定したイメージと類似するイメージを、データベース上から検索するイメージマッチングシステム。イメージパターンを形態素別に分析し、6つの比較基準を基に一致するイメージを検索できる。同システムは韓国特許庁に採用され、商標などの検索に利用されているという。

PassCD
PassCDの概要

またPassCDは、プリペイドCD-ROMを購入し、パソコンにインストールすることでインターネットの有料コンテンツへのアクセスと決済までを行なう決済システム。従来の、クレジットカードや銀行振り込みによる決済方法で問題とされていた、個人情報の漏洩や不便さを解決できるという。同システムは、米国やカナダで販売実績を持っているという。

それぞれの製品の価格については、スーパー・マジック 2002が1万5800円となっているが、ほかについては未定という。また、発売や提供の日程についても、これから検討するとしている。

韓氏は発表会の最後に「私は韓国生まれの人間だが、日本は第2の故郷であると考えている」と述べ、「日本はこれからアジアに目を向けなければならない。そういう意味で、韓国と中国と日本、3つの国が力を合わせていかなければならないと考えている。システム・ウェアハウスは、日本の良い物を韓国に紹介し、韓国の良い物を日本に紹介するといった、日韓のIT産業の掛け橋を目指したい」と語った。

売上予想
2005年までの売上予想図

同社は、発表した3製品の販売、およびシステムの受託開発によって、2005年には8億2000万円の売上を計上すると予想している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン