このページの本文へ

センチュリー・システムズ、ルーティング性能100MbpsのUPnP対応VPNルーター『FutureNet XR-1000』を発売

2002年08月01日 16時31分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

センチュリー・システムズ(株)は1日、インターネットVPN対応のブロードバンドルーター『FutureNet(フューチャーネット) XR-1000』の販売を8月初旬に開始すると発表した。価格は49万8000円。オプションのCFカード『FutureNet Memory Media CF-64』は1万5000円。

『FutureNet XR-1000』
『FutureNet XR-1000』

『FutureNet XR-1000』は、光ファイバーによる高速インターネットサービスや企業向け広域Ethernetサービスにも最大100Mbpsのワイヤースピードで対応できるブロードバンドルーター(アドレス変換/パケットフィルタリング/ファイヤーウォールなど、常時接続環境に必須の機能を利用しても約80Mbps以上の通信速度が可能)。さらにIPsecを使用したインターネットVPNでは、最大512拠点規模のネットワークを構成する企業向けVPNセンタールーターとして機能し、実効速度は暗号方式がDESの場合で約96Mbps以上、3DESの場合で約60Mbps以上となる。UPnP(Universal Plug and Play)機能や、ADSL回線などの障害時にOSPFを使用して自動バックアップする機能を搭載する。設定や管理はウェブブラウザーから行なえる。SNMPやSYSLOGによる運用ログの収集や、電子メールによるログの送信も可能。iモードやEZwebを利用して緊急時に携帯電話から機能の停止やリセットを行なえる。メモリーカードスロットを搭載しているため、設定情報やログ情報(SYSLOG)をオプションのCFカードに保存できる。

通信インターフェースは10/100BASE-TX×2とRS-232C×1。主な対応プロトコルはIP(IPv4)、IPsec(IPv4)、TCP、UDP、ICMP、ARP、RARP、PPPoE、SMTP、HTTP、SNMP、GRE、OSPF。IPルーティング方式はRIP/RIPv2、スタティック、OSPF。セキュリティー機能は、パケットフィルタリング機能、ファイヤーウォール(ステートフルパケットインスペクション機能)、攻撃検出機能(DoS攻撃、PortScanなど)、パケットログの一時保存機能。本体サイズは幅480.1×奥行き500×高さ44mm(19インチラックマウントに搭載可能)、重量は約7kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン