このページの本文へ

NTTドコモ、iショット対応のカメラ付き携帯電話『ムーバD251i』と『ムーバF251i』を発売

2002年07月12日 19時18分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモは12日、静止画をメールで送信できる“iショット”に対応した携帯電話機の新製品として、『ムーバD251i』と『ムーバF251i』の2機種を発売すると発表した。15日に販売を開始する。価格はともにオープン。電池パック/ACアダプター/卓上ホルダーの標準セットは、D251i用が7700円、F251i用が6400円。

『ムーバD251i』(モードメタル)『ムーバD251i』(モードメタル)
D251iの背面D251iを折り畳んだ背面

『ムーバD251i』は、ソニー(株)のメモリーカード“メモリースティック デュオ”に対応し、撮影した画像を最大1670枚保存出来るのが特徴。カメラは8倍ズームに対応した有効17万画素CCDを採用し、暗い場所での撮影を補助するコンパクトライトを搭載する。搭載するディスプレーは2.1インチTFD液晶で、26万2144色表示に対応する。本体背面には、時刻や携帯電話の状態を表示し、カメラの撮影時にはファインダーとして利用できる256色表示のSTNカラー液晶ディスプレー(インスピレーションウィンドウ)を搭載する。連続待ち受け時間は約480時間、連続通話時間は約135分。データ通信速度は9600bps。本体サイズは幅49×奥行き27×高さ104mm、重量は約120g。本体カラーは“モードメタル”と“シルバーローズ”を用意する。製品には、8MBのメモリースティック(非売品)とアダプターが同梱される。

『ムーバF251i』(フューチャリングシルバー)『ムーバF251i』(フューチャリングシルバー)
F251iの背面F251iを折り畳んだ背面

『ムーバF251i』は、有効11万画素のCCDカメラを搭載し、本体内蔵のメモリーに最大1000枚を保存できるほか、保存した画像を約4秒間隔で切り替えて表示する“スライドショー”機能を利用できる。ディスプレーは2.0インチのTFT液晶で6万5536色表示に対応する。本体背面には時刻や状態を表示し、撮影時にファインダーとなる256色表示の1インチSTNカラー液晶ディスプレーと、カメラのシャッターと連動して12色に光るアンテナを搭載する。連続待ち受け時間は約470時間、連続通話時間は約140分。データ通信速度は9600bps。本体サイズは幅48×奥行き26×高さ97mm、重量は約105g。本体カラーは“シャインロゼ”と“フューチャリングシルバー”を用意する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン