このページの本文へ

コンテック、CFタイプの無線LANカード『FX-DS110-CFC』を発売

2002年05月15日 23時47分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)コンテックは15日、11Mbpsの無線LAN規格“IEEE802.11b”に準拠した無線LAN製品“FLEXLAN-DS110”シリーズの製品として、コンパクトフラッシュ(CF)タイプの無線LANカード『FX-DS110-CFC』を発売したと発表した。価格はオープン。

『FX-DS110-CFC』
『FX-DS110-CFC』

『FX-DS110-CFC』は、コンパクトフラッシュスロット(CF+/TypeII)を搭載したPDAやノートパソコンなどに対応しており、セキュリティー機能には128bitWEPのほか、独自のスクランブル方式(鍵設定)を採用する。アドホックモードに対応するほか、ローミングやIPトンネルなどの機能にも対応する。

カードのサイズは幅42.8×奥行き56.2×高さ10.0mm、重量は20g。対応機種はPocket PC、Handheld PC、PC/AT互換機、PC98-NX、PC-9821。対応OSは、Windows CE 2.11(Handheld PC 3.0、Pocket PC 3.0)、CE 3.0(Handheld PC 2000、Pocket PC 2000/2002)、Windows 95(OSR2以降)/98/98 SE/Me/2000 Professional/NT 4.0)/XP。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン