このページの本文へ

WOWOWが米HBOeと協力、スピルバーグ&トム・ハンクス製作総指揮の超大作を独占放送

2002年03月14日 23時58分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米HBO Enterprises社(HBOe)と(株)WOWOWは14日、それぞれのオリジナル番組に関する情報交換を行なうという協定を結ぶことで合意したと発表した。HBOeは、米国の有料放送局であるHome Box Office(HBO)が製作したオリジナル番組を全世界に向けて配給する会社。

HBOe社長とWOWOW社長
HBOe社長のPerry L. Schneider氏(右)と、WOWOW代表取締役社長の吉岡義朗氏(左)

今回の協定は、両社の将来に向けた番組共同製作、配給、ライセンス契約の可能性を探るためのもので、これによりHBOeは、WOWOWのオリジナル番組を全世界に向けて配給/放送できるようになる。また、番組以外に、技術やマーケティング、ビジネス展開、ペイテレビ経営に関する情報交換も行ない、今秋には両社間でのインターン制度も開始するという。

さらにWOWOWは、HBOが製作したTVドラマ『バンド・オブ・ブラザーズ』の製作協力パートナーとなり、日本国内における独占放映権やビデオ化権を獲得、7月27日に独占プレミア放送を開始する。

バンドオブブラザーズ『バンド・オブ・ブラザーズ』 (C)2001 HBO

『バンド・オブ・ブラザーズ』は、第2次世界大戦を舞台に、米陸軍101空挺師団第506パラシュート歩兵連隊の中のエリート集団“E中隊”の戦いのプロセスを兵士たちの人間模様を中心に描いた全10話/計10時間におよぶTVドラマ超大作。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグとトム・ハンクス。製作費は1億2000万ドル(約156億円)。原作はスティーヴン・E・アンブローズ。米国では2001年9月に放送が開始され、その年のゴールデン・グローブ賞最優秀作品賞を受賞した。

日本国内では、WOWOWが7月27日よりハイビジョン/5.1サラウンドで放送を開始する。字幕版と日本語吹き替え版の両方を放送するという。

HBOe社長のPerry L. Schneider(ペリー・シュナイダー)氏は、「今回の番組協定により、それぞれのオリジナル番組に関する情報交換が可能になる。この協定はWOWOWのアニメやドラマなどオリジナル番組へのアクセスを含んでおり、WOWOWのオリジナル番組を全世界へ向けて配給/放送することも検討したい」としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン