このページの本文へ

クリエイティブ、GeForce4 MX 440搭載グラフィックスカード『3D Blaster 4 MX440 AGP 64MB』など2製品を発売

2002年02月28日 17時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クリエイティブメディア(株)は28日、米エヌビディア社のグラフィックスチップ『GeForce4 MX 440』を搭載したグラフィックスカード『3D Blaster 4 MX440 AGP 64MB』と、『GeForce4 MX 420』を搭載した『3D Blaster 4 MX420 AGP 64MB』を3月上旬に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は、3D Blaster 4 MX440 AGP 64MBが1万6000円程度、3D Blaster 4 MX420 AGP 64MBが1万4000円前後。

『3D Blaster 4 MX440 AGP 64MB』
『3D Blaster 4 MX440 AGP 64MB』

『3D Blaster 4 MX440 AGP 64MB(3Dブラスター ジィフォース フォー エムエックス440 64MB AGP)』(3D4M4464T)は、コアクロック周波数が270MHzのGeForce4 MX 440を搭載し、毎秒11億テクセルのフィルレートを持つメインストリーム向けのグラフィックスカード。動作クロック周波数が200MHzのDDRメモリーを64MB搭載する。メモリーの帯域幅は毎秒6.4GB(128bit)。S-Video/コンポジット出力(640×480~1024×768ドット)も可能。対応OSは、Windows 95OSR2/98/98 SE/Me/NT 4.0(SP5以降)/2000/XP。製品にはS-Video/コンポジットビデオケーブルが付属する。

パッケージ
『3D Blaster 4 MX440 AGP 64MB』のパッケージ

『3D Blaster 4 MX420 AGP 64MB(3Dブラスター ジィフォース フォー エムエックス420 64MB AGP)』(3D4M4264T)は、コアクロック周波数が250MHzのGeForce4 MX 420を搭載し、毎秒10億テクセルのフィルレートを持つローエンド向けのグラフィックスカード。動作クロック周波数が166MHzのSDRメモリーを64MB搭載する。メモリーの帯域幅は毎秒2.7GB(64bit)。S-Video/コンポジット出力(640×480~1024×768ドット)も可能。対応OSは、Windows 95OSR2/98/98 SE/Me/NT 4.0(SP5以降)/2000/XP。製品にはS-Video/コンポジットビデオケーブルが付属する。

『3D Blaster 4 MX420 AGP 64MB』
『3D Blaster 4 MX420 AGP 64MB』

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン