このページの本文へ

米NVIDIA、GeForce2の4倍の処理性能を持つ新GPU『GeForce4 GPUファミリー』を発表

2002年02月06日 22時56分更新

文● 編集部 今井睦俊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米NVIDIA社の日本法人が6日に都内で開催した記者説明会によると、米NVIDIAは現地時間の6日、グラフィックスプロセッサーの新製品『GeForce4 GPUファミリー』を発表した。記者説明会には、米NVIDIAのプロダクトラインマネージャーのブリン・ヤング(Bryn Young)氏、日本支社の東正次支社長などが出席した。

ブリン・ヤング氏
米NVIDIA社のプロダクトラインマネージャーのブリン・ヤング氏

GeForce4 GPUファミリーは、デスクトップパソコンやノートパソコンなど、さまざまな機種に画像処理機能を提供する製品群。ハイエンドマシン向けの『GeForce4 Ti 4600』/『同4400』/『同4200』、デスクトップパソコン向けの『GeForce4 MX 460』/『同440』、ノートパソコン向けの『GeForce4 440 Go』/『同 420 Go』で構成される。同製品には、“Lightspeed Memory Architecture II(LMA II)”、128bit DDR メモリーインターフェースなど、メモリー性能を強化する技術が導入され、メモリーバンド幅やメモリー使用効率が向上したという。特に、LMA IIは、4つの専用キャッシューメモリー“Quad Cache”により描画パイプラインへの即時アクセスや、描画データの圧縮(4分の1)を可能とした。描画速度は、前世代のGeForce2に比べ4倍に向上したという。

GeForce4ファミリー再構成
GeForce4の発売でGeForceファミリーの製品ラインが再構成される
日本支社の東正次支社長
米NVIDIA社の日本支社の東正次支社長

記者説明会の冒頭で、東支社長が同社の会社概要や事業展開について説明を行なった。同社はパソコンユーザーの間でハイエンドなGPUを提供する会社として知られているが、現在、同社は、「ワークステーションから家庭用ゲーム機までの各種機器に、ハイエンドからローエンドまでの広範囲なGPUファミリーを提供している」と述べた。今回のGeForce4の発表により、GeForceファミリーは各製品ラインにおいて再構成されるという。続いて、ヤング氏が同製品に関する説明やデモを行なった。製品説明では、GeForce4 Ti 4600/4400、GeForce4 MX 460/440/420が紹介された。

複雑なオブジェクトの描画が行なえる
デュアルバーテックスシェーダーやピクセルシェーダーの搭載で湖や森などの複雑なオブジェクトの描画が行なえるという

GeForce4 Ti 4600/4400は、特殊効果のある映像を作り出す“nfiniteFX IIエンジン”を搭載したハイエンドマシン向けのGPU。同エンジンは、毎秒1億個以上の頂点データを処理する“デュアルバーテックスシェーダー”、描画オブジェクトの表面にリアリティーをもたせる“ピクセルシェーダー”、木目や大理石模様などの3次元材質を表現する“3Dテクスチャー”などの機能を搭載する。グラフィックスコアは256bitで、塗りつぶし速度は毎秒44億~48億テクセル、三角形描画速度は毎秒7900~8600トライアングル。

デモ画面
説明会で上映されたデモ用アニメーション。風になびく草や木などがリアルタイムでレンダリングされるという

一方、GeForce4 MX 460/440/420は、高性能CPUを使用せずにフルスクリーンHDTVやDVD映像を表示できる“ビデオプロセッシングエンジン”を搭載したデスクトップパソコン向けのGPU。2つのCRTディスプレーに対して最高2048×1536ドットで同時に描画が可能な“集積化デュアル350MHzDAC”や、2つのデジタルフラットディスプレーに最高1280×1024ドットで同時描画できる“集積化デュアルチャネルTDMSトランスミッタ”を装備する。グラフィックスコアは256bitで、塗りつぶし速度は毎秒10億~12億テクセル、三角形描画速度は毎秒3100~3800トライアングル。

TiとMXともに、描画速度を低下させずに境界線のジャギーを除去する“Accuview Antialiasing”や、仕様の異なる複数のディスプレーを組み合わせて表示画面を拡大する“nView”など、同社が独自開発した最新技術を搭載する。同製品を搭載したグラフィックスアクセラレーターカードは、同社のパートナーのメーカーから出荷されるが、米国市場で予測される価格帯は、Ti 4200/4400/4600が199~399ドル(約2万6000円~5万2000円)、MX 420/440/460が99~179ドル(約1万3000~2万3000円)となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン