このページの本文へ

アイ・オー、IEEE 1394外付け型DVD-RAM/RドライブやUSB 2.0対応の携帯型CD-R/RWドライブなどを発表

2002年01月23日 17時43分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アイ・オー・データ機器は22日、外付け型DVD-RAM/Rドライブ『DVDRR-i4.7』、DVD-ROM対応の携帯型CD-R/RWドライブ『CRWDP-i8A/US2』、外付け型DVD-ROMドライブ『DVD-iU16A』、USB接続のスティック型フラッシュメモリー『EasyDisk』の新モデル、4.7GBのDVD-Rメディア『DVD-R4.7』を発表した。

『DVDRR-i4.7』
『DVDRR-i4.7』

『DVDRR-i4.7』は、IEEE 1394に対応した外付け型DVD-RAM/Rドライブ。速度は、DVD-RAM/R書き込みが2倍、DVD-ROM読み込みが6倍、CD-ROM読み込みが24倍。松下電器産業製のDVD-RAM/Rドライブ機構『LF-D311SC』を採用する。また、ケーブルを取り替えるだけで、他のインターフェースに対応する接続端子“i・CONNECT”を搭載。ビデオ編集ソフト『Ulead MediaStudioPro 6.0 VE with Power Up kit』、DVD再生ソフト『PowerDVD VR-X for I-O DATA』、DVDライティングソフト『B's Recorder GOLD』などが付属する。対応OSは、Windows 98 SE/Me/2000/XP。価格は5万4800円で、1月末に出荷を開始する。

『CRWDP-i8A/US2』
『CRWDP-i8A/US2』

『CRWDP-i8A/US2』は、USB 2.0に対応した携帯型CD-R/RWドライブ。速度は、CD-R書き込みが8倍、CD-RW書き換え8倍、CD-ROM読み込みが24倍。DVD-ROMの読み込みにも対応する。バッファアンダーランエラーを防止する技術“Active Link”を搭載した日本電気製CD-RW/Rドライブ機構『CB-2100A』を採用。“i・CONNECT”を搭載する。CD-RW/Rライティングソフト『B's Recorder GOLD for Windows』、パケットライティングソフト『B's CLiP』、DVD再生ソフト『PowerDVD VR-X for I-O DATA』などが付属する。対応OSは、Windows 98 SE/Me/2000/XP。価格は3万2000円で、2月上旬に出荷を開始する。

『DVD-iU16A』
『DVD-iU16A』

『DVD-iU16A』は、USB 2.0/1.1に対応した外付け型DVD-ROMドライブ。速度は、DVD-ROM読み込みが16倍、CD-ROM読み込みが48倍。防音シートにより前面への騒音流出を防止した静音設計を採用。“i・CONNECT”を搭載する。バンドルソフトとして、DVD再生ソフト『PowerDVD VR-X』などが付属する。対応OSは、Windows 98 /Me/2000/XP。価格は1万7800円で、2月上旬に出荷を開始する。

『EasyDisk』(32MB/ガンメタリック)『EasyDisk』(32MB/ガンメタリック)
『EasyDisk』(32MB/ローズ)『EasyDisk』(32MB/ローズ)
『EasyDisk』(32MB/ローズ)『EasyDisk』(32MB/ローズ)

『EasyDisk』は、USB接続のスティック型フラッシュメモリーで、2001年7月に販売を開始した製品。今回、64/128MBの大容量モデルと、3色(ガンメタリック/ローズ/サックス)のカラーバリエーションのモデル(32MB)が追加された。同製品は、パソコンのUSB端子に接続するだけで記憶装置として使え、アダプターなどは不要。対応OSは、Windows 98/Me/2000/XP。価格は、32MBが8800円、64MBが1万2800円、128MBが1万9800円。

『DVD-R4.7』は、4.7GBのDVD-Rメディアの5枚組セット。DVD-Rの規格“DVD Specifications for Recordable Disc for General Ver2.0”に準拠し、価格は9800円。2月上旬に出荷を開始する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン