このページの本文へ

ソネット・エムスリー、ウェブエムディの事業を統合

2001年12月05日 21時33分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソネット・エムスリー(株)は5日、インターネットで医療情報サービスを提供しているウェブエムディ(株)の事業を1日付けて統合したと発表した。これはメディカルインターネット分野での事業基盤を確立しているソネット・エムスリーがサービスを拡充するために行なったもので、ウェブエムディが運営するポータルサイト“WebMD Japan”の事業を継承する。

ウェブエムディは、2000年7月にソフトバンク・メディア・アンド・マーケティング(株)と米ウェブエムディ(WebMD)社の共同出資で設立され、2001年4月に本格的なサービスを開始している。事業の選択と集中を進めたいソフトバンク・メディア・アンド・マーケティングの意向と、ソネット・エムスリーの戦略が合致したことで今回の事業統合となったもの。

今後同社は、医師・医療従事者向けサービスを拡充するほか、コミュニケーションプラットフォーム“MR君”をWebMD Japans上でも展開する。また、製薬・医療機器メーカーのeマーケティングのサポートも行なう。併せて、2003年3月に予定していたWebMDのサービスの有料化も見直するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン