このページの本文へ

オリンパス、“TURBO MO”シリーズの内蔵型MOドライブ2機種を発売

2001年11月06日 17時15分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オリンパス光学工業(株)は6日、3.5インチ光磁気(MO)ドライブ“TURBO MO”シリーズの新製品として、640MB対応の『TURBO MO MO646A/FB』と1.3GB対応の『TURBO MO MO134A/FB』の2機種を発売すると発表した。MO646Aを12月8日に、MO134Aを2002年1月下旬に発売する。価格はMO646Aが4万8000円、MO134Aが5万4000円。

『TURBO MO MO134A/FB』
『TURBO MO MO134A/FB』

両機種とも、ATAPIインターフェースを採用し、PC/AT互換機の5.25インチベイに対応する。独自の高精度光ピックアップ“SEPSFPピックアップ”と高速化アルゴリズム“ターボジークシークアルゴリズム”をベースとした“スーパートラッキングシステム”の採用により、データ転送速度を最大で毎秒6.8MB(MO134Aでは毎秒7.4MB)、ディスク回転数を毎分6000回転(1.3GB MOディスクの場合は毎分4000回転)に高速化したという。また、独自の防塵機構と、本体をプラスチックシートで覆うラッピング処理による防塵処理を採用する。キャッシュメモリー2MBを搭載。電源はDC5Vで消費電力は最大10W。『TURBO MO MO134A/FB』は、MOドライブ本体がディスクのアクセス権を制御できるGIGAMOセキュリティー機能に対応しており(1.3GBディスクに対してのみ)、オプションのセキュリティーキット『OL-K1SC』を利用すればデータのセキュリティー管理も可能。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン