このページの本文へ

無線LAN関連製品続々!プラネックスとアドテックから無線LANセットモデルが登場!

2001年09月07日 06時35分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GW-PK11S

 無線LAN機能搭載のブロードバンドルータや無線LANアクセスポイントの新製品、あるいはそのセットモデルが増えているが、プラネックスから無線LANスタータキット「GW-PK11S」(型番)が登場した。これは、11Mbps無線LANアクセスポイント「GW-AP11S」(型番)と無線LANカード「GW-NS11S」(型番)のセット商品。  GW-AP11Sは楕円形のユニークでコンパクトな筐体のアクセスポイントで、 サイズは131(W)×30(H)×88(D)mm。伝送距離は30m(11Mbps時)、90m(5.5/2/1Mbps時)。MACアドレスフィルタリング機能、40bit/128bitのWEP機能をもち、複数のアクセスポイント間を無線通信可能にするAP間通信モードにも対応している。一方のGW-NS11SはTypeIIの無線LANカードで、40bit/128bitのWEP機能を持つ。この2製品がセットになって、価格は3万2000円。



ADLINK340APC

 また、アドテックからも同様のセット商品「ADLINK340APC」(型番)が登場。こちらはルータ機能付きアクセスポイント「ADLINK340AP」(型番)とLANカード「ADLINK340C」(型番)のセットとなっている。ADLINK340APはPPPoEほか、NAT/IPマスカレード機能、DHCPサーバ/クライアント機能を搭載。10BASE-T/100BASE-TXのEthernetポートを持つ縦置きの筐体だ。条件によるが、伝送距離は屋内で40m、屋外で100mとなっている。注意したいのは、対応OSがWindowsMe/98/2000となっている点。Windows95OSR2以降及びWindowsNT4.0への対応は現在検討中とのこと。ADLINK340Cは40bit/128bitのWEP機能を持つ無線LANカードで、伝送距離は環境により40m(屋内)、100m(屋外)。自動的にアクセスポイントを切換えるマルチチャネルローミング機能も搭載する。価格は先日のブロードバンドルータ実売価格調査を参照していただきたい。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ