このページの本文へ

注目のSiS735を搭載した格安マザー「サムライの誘惑」がECSから!

2001年08月22日 21時32分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サムライの誘惑

 「サムライの~」という愛称がすっかり定着したECSから注目のチップセット「SiS735」を搭載する「サムライの誘惑」こと「K7S5A」がアキバに登場した。SiS735はNorthとSouthの両Bridgeを統合したチップセットにも関わらず、内部機構的にはNorthとSouthに別れているというおもしろい仕様で、そのバス幅が1.2GB/秒という強力なものになっているのが特徴だ。

 1.2GB/秒というバス幅だが、VIAのKT266/ApolloPro266チップセット、そしてIntelのHubアーキテクチャの266MB/秒の、なんと4.5倍。データをCPUへ効率よく送るにはチップセットのパフォーマンスがモノを言うわけで、その点においてSiS735のパフォーマンスは特筆に値する。



メモリスロット

 拡張スロットはAGP×1、PCI×5、AMR×1で、メモリスロットはSDRAM/DDR SDRAM用のDIMMスロットがそれぞれ2本ずつ用意されている(排他利用で、ともに最大1GB)。SiS735内蔵のネットワークコントローラが利用可能であるほか、AC'97サウンドコーデックも搭載。気になるオーバークロック設定だが、ECS製ということもあり、こればかりは期待できない。



1万円そこそこ
ちなみに、ソフトウェアDVDプレーヤ「WinDVD 2000」やウィルス駆除ソフト「PC-Clillin 2000」なども同梱されている

 価格は、NorthとSouthが統合されているローコストなSiS(Silicon Integrated Systems)製チップセットを用いて、安価な製品群で知られるECSが投入してきたこともあり、初値からPCiN秋葉原で1万680円、OVERTOPで1万800円、コムサテライト3号店で1万980円といきなり格安。「サムライの誘惑」という愛称は、性能と価格で誘惑するマザーボードとして名づけられたようだが、たしかに誘惑されそうな価格である。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ