このページの本文へ

アイフォー、インターネット高速化ツール『WebBooster Ninja 2002 for Windows』を発売

2001年08月06日 18時43分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アイフォーは2日、インターネット高速化ツール『WebBooster Ninja 2002 for Windows』を9月7日に発売すると発表した。価格は8800円。

同製品は、アナログ、ISDN、CATV、xDSL、専用線の区別なくTCP/IPの設定を自動的に最適化し、アクセスを高速化するという、2000年8月に発売した『同 2001』のバージョンアップ版。今回、Bluetooth規格を含むワイヤレスLAN、社内ネットワーク、イントラネットのデータベースアクセスなど、TCP/IPを利用したLANにも対応し、さらに作業効率を高めることが可能だという。

ユーザーが意図せず国際電話やダイヤルQ2にアクセスしてしまった場合にも、警告を発して通信中断を可能にするほか、バナー広告やポップアップ広告の表示をカット。また無限連鎖のポップアップ広告などによってブラウザーを停止させる、ブラウザークラッシャーも排除できる。

独自のAIによるリンク先読み機能を効率アップした“先読みAI”機能、巨大なファイルを分割してダウンロードする“分割ダウンロード”機能、中断されたダウンロードを再開する“レジューム”機能、解放可能なメモリーを確保し、インターネット動作のために利用する“メモリ最適化”機能、GIFアニメーションの繰り返し回数を制限する“GIFアニメーションフィルタ”機能、自動的に時計をインターネット標準時刻に合わせる機能なども搭載している。

またパワーユーザー向けには、TCP/IP内部設定のマニュアル調整を可能にし、ネットワークの稼動状況やスループット、回線エラー率など通信効率の履歴、集計結果をグラフで表示したり、アクセスしたサーバーやルーターの名称や回数などを表示したりといった応用も可能であるという。

なお、教育関係向けに『同 アカデミックパック』も販売する。価格は5800円。

対応OSはWindows 95/98/Me/2000/NT 4.0。対応ブラウザーはInternet Explorer 4.0x/5.0x/5.5x、Netscape Navigator 4.5x/4.6x/4.7x、Netscape Communicator 4.5x/4.6x/4.7x。Netscape 6.x。AOL 6.0(一部機能制限あり)。

対応ネットワークは、Windows標準のインターネット接続環境。また10MB以上のHDDの空き容量と、16MB以上(推奨:32MB以上)のメモリーが必要。

『WebBooster Ninja 2002 for Windows』サンプルパッケージ(製品版では変更される可能性があります)『WebBooster Ninja 2002 for Windows』サンプルパッケージ(製品版では変更される可能性があります)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン