このページの本文へ

沖データ、A3ノビで毎分22枚のカラーページプリンター“Color CV”を発売

2001年07月26日 22時50分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)沖データは26日、アドビシステムズ社の“PostScript 3”対応のカラーページプリンターとして“MICROLINE Color CV Series”の3機種を発表した。同日付けで販売を開始する。出荷開始は8月上旬。価格は54万8000円から。

『MICROLINE 9055cV』
『MICROLINE 9055cV』

最上位機種の『MICROLINE 9055cV』は、1200dpiの4連“Digital LED”ヘッド方式を採用した1200×1200dpiの解像度を持つページプリンター。PowerPC750-480MHzと192MBのメモリー(最大1024MB)を搭載し、5GBのHDDを内蔵する。A4ヨコを毎分22枚印刷できる(モノクロでは26枚)。搭載する書体はPostScript 3用が日本語5書体/欧文136書体。PCL5cが欧文80書体。インターフェースはIEEE1284双方向パラレル/USBのほか、100BASE-TX/10BASE-Tを標準装備する。電源はAC100Vで消費電力は最大1400W。本体サイズは幅666×奥行き626×高さ460mm、重量は約62.4kg。価格は79万8000円。

『MICROLINE 3050cV』は、『MICROLINE 9055cV』のHDDをオプションとして、書体をPostScript 3用を日本語2書体/欧文136書体、PLC5c用を日本語2書体/欧文80書体にした機種。そのほかの基本仕様は同等となっている。価格は64万8000円。

『MICROLINE 3020cV』は、『MICROLINE 3050cV』の4連Digital LEDヘッドを600dpiとした機種で、600×600dpi(メモリー増設で1200×600dpiにも対応)の解像度を持つ。そのほか、CPUをPowerPC750-400MHz、メモリーを64MBに変更し、ネットワークインターフェースをオプションとした以外の基本仕様は3050cVと同等。価格は54万8000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン