このページの本文へ

アライドテレシス、1Uサイズの32ポート100/10BASE-Tスイッチを発売

2001年07月16日 23時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アライドテレシス(株)は16日、100BASE-TX/10BASE-T自動認識ポートを32個装備しVLANやQoSなどに対応した1Uサイズのレイヤー2スイッチ『CentreCOM FS732TX V1』と、自動認識ポートを24個装備したレイヤー2スイッチ『CentreCOM FS724TX V1』を発売すると発表した。価格はFS732TX V1が8万9000円で7月下旬出荷予定、FS724TX V1が5万9800円で16日付けで出荷開始となっている。

『CentreCOM FS732TX V1』『CentreCOM FS732TX V1』

『CentreCOM FS732TX V1』は、100BASE-TX/10BASE-Tポートを32個装備したFast Ethernetスイッチ。最大32グループのマルチプルVLAN対応のポートベースVLANをサポートするほか、複数の物理ポートを論理的に束ねるポートトランキング機能(最大4ポート8グループ)、4段階の設定が可能なQoS(IEEE802.1p)機能、ポートミラーリングなどの機能を搭載する。8MBのメモリーを内蔵し、MACアドレスを最大で1万6000個登録可能。本体サイズは、幅432×奥行き253×高さ44mm(1U)で、重量は3.2kg。電源はAV100~240V、消費電力は最大35W。

『CentreCOM FS724TX V1』『CentreCOM FS724TX V1』

『CentreCOM FS724TX V1』は、100BASE-TX/10BASE-Tポートを24個装備したFast Ethernetスイッチ。転送速度や全二重/半二重、フローコントロールなどを手動で設定できる。768KBのメモリーを内蔵し、MACアドレスを最大で4000個登録可能。本体サイズは、幅432×奥行き127×高さ44mm(1U)で、重量は1.7kg。電源はAV100~240V、消費電力は最大13W。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン