このページの本文へ

バンダイ、オンラインゲームで韓国企業と合弁会社を設立

2001年07月10日 23時35分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)バンダイは10日、韓国のゲームベンチャー(株)などとオンラインゲームサービス事業を行なう合弁会社として“Bandai. GV Co.,Ltd. (株式会社バンダイゲームベンチャー)”を10月1日付けて設立すると発表した。資本金は1000万円。出資比率は、バンダイが60%、ゲームベンチャーが30%、大元C.I.(株)が10%。代表取締役社長には、石上幹雄氏が就任する。所在地は東京都台東区駒形2丁目。

主な事業内容は、
  1. ゲームベンチャーが開発したオンラインゲーム『Fortressシリーズ』などの日本向けローカライズ版の開発やマーケティング、サービス
  2. バンダイのキャラクターマーチャンダイジングノウハウを生かしたオリジナルゲームの開発、マーケティング、サービス
  3. オンラインゲームサービスにともなうウェブサイトの運営
  4. オリジナルオンラインゲームの韓国でのサービス

などとなっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン