このページの本文へ

デル、Pentium 4-1.8GHz搭載デスクトップ『Dimension 8100』を発売

2001年07月05日 13時02分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デルコンピュータ(株)は5日、個人・SOHO、中小企業向けデスクトップパソコン『Dimension(ディメンション) 8100』において、Pentium 4-1.8GHzを搭載した最上位モデルを発表した。同社のコンシューマーセールス本部(TEL.044-556-6190)、インターネット直販“オンライン・ストア”、全国のパソコン量販店で展開中の展示スペース“Dell Real Site”(デルリアルサイト)を通じて、6日から販売する。

『Dimension 8100』
『Dimension 8100』

今回の発表により『Dimension 8100』では、Pentium 4-1.8/1.7/1.5/1.4GHzの4種類のCPUから選択が可能となる。最大1024MBのRDRAMメモリー、最大80GBのHDD、ビデオカードなどを搭載することで、家庭でのデジタルビデオの編集や3Dゲーム、AV・マルチメディア機能の利用などで、快適な動作環境を提供するという。

最小構成例は、Pentium 4-1.8GHz、850チップセット、128MBのRDRAMメモリー、10GBのUltra-ATA/100対応のHDD、ビデオカード『NVIDIA GeForce2 MX 4xAGP 32MB』、サウンドカード『Sound Blaster Live!/Value 512ボイスPCI』、最大4倍速CD-RW/8倍速DVD-ROMコンボドライブ、17インチFDトリニトロンディスプレー、Windows Me日本語版などで、価格は19万8800円(5日現在実施中のドライブおよびディスプレーの無料アップグレードを適用)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン