このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

究極のD-VHSまるごと大全

究極のD-VHSまるごと大全

2001年07月18日 00時00分更新

文● 山之内 正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

究極のD-VHSまるごと大全

BSデジタル放送の開始にともない、ハイクオリティで録画できる「D-VHSデッキ」が脚光を浴びつつある。メディア(=テープ1本)あたりの記録容量やランニングコストに優れたD-VHSは、近い将来ホームビデオの主役となっていくだろう。本特集では、D-VHSをこれから購入しようと考えている方を対象に、購入時のポイントから、各機能の特徴、素朴な疑問への回答、現在発売されている代表的なD-VHSデッキのレビューまで、徹底的に解説する。
※月刊ASCII Digital Buyer7月号より転載。

本文中の実売価格は、デジタルバイヤー編集部が2001年5月上旬に調べた店頭価格を元に算出したものです。時期によって価格が変動している場合がありますので、あらかじめご了承ください。

平均実売価格とスペックで見る
「D-VHSデッキ」一覧

実売15~20万円コース

HM-DH30000
【製品名】HM-DH30000
【標準価格】23万5000円(実売19万円前後)
【メーカー名】日本ビクター(株)
【問い合わせ先】03-5684-9311/06-6765-4161



  • 録画モード(D-VHS):HS/STD/LS3
  • 内蔵チューナ:VHF/UHF/BS/CATV
  • i.LINK端子:2系統
  • 本体サイズ:455(W)×345(D)×105(H)mm
  • 重量:6.0kg

DT-DR20000
【製品名】DT-DR20000
【標準価格】19万8000円(実売16万円前後)
【メーカー名】(株)日立製作所
【問い合わせ先】0120-312111



  • 録画モード(D-VHS):HS/STD/LS2/LS3
  • 内蔵チューナ:VHF/UHF/BS/CATV
  • i.LINK端子:2系統
  • 本体サイズ:465(W)×323(D)×132(H)mm
  • 重量:7.6kg

実売10~15万円コース

NV-DHE10
【製品名】NV-DHE10
【標準価格】19万5000円(実売15万円前後)
【メーカー名】松下電器産業(株)
【問い合わせ先】0120-878-365



  • 録画モード(D-VHS):HS/STD/LS3
  • 内蔵チューナ:VHF/UHF/CATV
  • i.LINK端子:2系統
  • 本体サイズ:430(W)×357.5(D)×118(H)mm
  • 重量:7.0kg

NV-DH1
【製品名】NV-DH1
【標準価格】13万円(実売10万円前後)
【メーカー名】松下電器産業(株)
【問い合わせ先】0120-878-365



  • 録画モード(D-VHS):HS/STD
  • 内蔵チューナ:VHF/UHF/CATV
  • i.LINK端子:2系統
  • 本体サイズ:430(W)×357.5(D)×104.5(H)mm
  • 重量:7.6kg

実売10万円未満コース

HM-DR10000
【製品名】HM-DR10000
【標準価格】オープンプライス(実売10万円弱)
【メーカー名】日本ビクター(株)
【問い合わせ先】03-5684-9311/06-6765-4161



  • 録画モード(D-VHS):STD/LS3
  • 内蔵チューナ:VHF/UHF/BS/CATV
  • i.LINK端子:2系統
  • 本体サイズ:468(W)×369(D)×145(H)mm
  • 重量:8.0kg

DT-DR3300
【製品名】DT-DR3300
【標準価格】11万8000円(実売10万円弱)
【メーカー名】(株)日立製作所
【問い合わせ先】0120-312111



  • 録画モード(D-VHS):STD/LS3
  • 内蔵チューナ:VHF/UHF/BS/CATV
  • i.LINK端子:なし
  • 本体サイズ:435(W)×323(D)×132(H)mm
  • 重量:6.8kg

 なお、スペック中の「録画モード」は以下の表のとおり。一般に、ビットレートが高いほど画質は上がるが、記録可能な時間は短くなる。DF300/DF480は現在一般に流通しているテープの長さ(記録可能時間)の違う2種類のD-VHSカセットで、それぞれSTDモードで300分=5時間、480分=8時間記録できる。
 「最適なコンテンツ」は、配信される映像の画質を落とさずに記録できるモードを示すもので、例えば現行放送をHSモードで記録することもできるが、画質的にはSTDモードと大きな差はない。逆にBSデジタルハイビジョン放送をSTDモードで記録すると、画像データが圧縮されブロックノイズなど画質の劣化を招く。LS2/LS3モードは録画時間を最優先した(画質はVHSの3倍録画程度)モードで、DF480テープをLS3モードで使用すれば1本で24時間の記録が可能となる。

D-VHSの録画モードと記録可能時間
モード
(ビットレート)
最適なコンテンツ 最長録画(再生)時間
D-VHS
(DF300/DF480)
HSモード
(28.2Mbps)
BSデジタル放送
(デジタルハイビジョン)
2.5時間/4時間
STDモード
(14.1Mbps)
BSデジタル放送(標準画質)
/地上波放送/CS放送
/DV入力
5時間/8時間
LS2モード
(7Mbps)
地上波放送/
CSデジタル放送 ほか
10時間/16時間
LS3モード
(4.7Mbps)
15時間/24時間

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン