このページの本文へ

コンパック、海外でもノートパソコン『Presario』の修理を無償で保証

2001年05月31日 14時24分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンパックコンピュータ(株)は31日、コンシューマー向けノートパソコン『Presario』(プレサリオ)について、海外でも修理が無償で受けられる“プレサリオ国際保証プログラム”(Presario Portable International Traveler's Warranty Service)を開始すると発表した。

“プレサリオ国際保証プログラム”は、購入後1年間の製品保証期間内に、海外でPresarioを使用中、ハードウェア障害が発生し修理が必要と判断された場合、滞在国のコンパックサービスパートナーの無償修理サポートを受けられるサービス。対象製品は2000年1月1日以降に同社から発表されたもの。対応窓口として日本国内に開設した同プログラム専用のサポートセンターが日本語で問合せに応じ、障害の切り分けを行なう。サービスを受けるためには、海外渡航前の3週間前までに利用登録を済ます必要がある。

サービス対象国/地域は、アイルランド、米国、英国、イタリア、インド、インドネシア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スリランカ、タイ、台湾、デンマーク、ドイツ、ニュージーランド、ノルウェー、フィリピン、フィンランド、フランス、ベルギー、香港、マレーシア、南アメリカ。

なお、ビジネス向けノートパソコン『Armada(アルマダ)ファミリ』および『Evo(イーヴォ) Notebookファミリ』は、すでに海外での修理保証の対象となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン