このページの本文へ

永作博美に日本老年精神医学学会から感謝状

2001年05月23日 01時51分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

永作博美がアルツハイマー病に冒されたヒロインを演じて話題のTVドラマ『Pure Soul~君が僕を忘れても~』(よみうりテレビ制作/日本テレビ系放送、毎週月曜夜10時~)では、アルツハイマー病の治療/研究を行なう日本老年精神医学学会への寄付を目的としたオークションサイトを、エキサイト(株)が運営する総合ポータルサイト“Excite”上で3月27日より展開している。

この活動に対し、日本老年精神医学会から番組に感謝状が贈られることになり、22日、番組のキャスト/スタッフを代表して永作博美が受け取った。

永作&松下理事長
日本老年精神医学会の松下正明理事長(左)から感謝状を受け取る永作博美さん

Excite上のPure Soulスペシャルサイト“永作博美プロデュース「Pure」”では、永作さんがプロデュースしたドラマの衣装やキャストのサイン入りグッズなどをオークションにかけ、ショップやオークションの売上を、日本老年精神医学会に寄付する。

オークションは毎週火曜日更新で、毎週4~5点がオークションに出品されており、現時点での総額は100万円以上になるという。6月25日がドラマの最終回で、2週間後に合計金額が公開され、日本老年精神医学会に寄贈される予定。

感謝状を受け取った永作さんは「番組や台詞を通して、(アルツハイマーは)悲しい、寂しい、厳しい病気だとあらためて実感しました。そういったかたを手助けしたいのですが、実際にやってあげられることは少ない。今の時点では治療法がないので、研究費用として寄付することがいちばんお役に立てると思いました」と語った。

永作バストショット
「(アルツハイマーは)想像以上に悲しい」と語る永作さん

また、日本老年精神医学会の松下正明理事長(東京都精神医学総合研究所所長)は、「衣装をオークションにかけてもらい、その売上を医学会に寄付していただけるということで今回感謝状を贈らせていただく。ドラマを通して、アルツハイマーを一般の皆さんに理解してもらえる。このような番組を作ってくれたことをうれしく思う」としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン