このページの本文へ

AtermITX92BT/AtermBT01Uなど

AtermITX92BT/AtermBT01Uなど

2001年05月21日 12時58分更新

文● 山崎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本体前面には大型液晶パネルとファンクションボタンを装備し、PCを使わなくてもTA機能の各種設定を変更できる「AtermITX92BT」。本体デザインは従来機種を継承するが、背面から伸びているアンテナがBluetooth対応を物語っている。
 日本電気(株)は、Bluetoothによるワイヤレス接続が可能なISDN回線用TAとUSB接続のBluetoothアダプタ、およびそれらのセットモデルを発表、本日より販売を開始する。

 Bluetooth対応TA「AtermITX92BT」は、PCとワイヤレス接続してISDN回線でのインターネットアクセスが可能。本体にはBluetooth機能のほかにシリアルとUSBポートをそれぞれ1つずつ装備しており、PCとケーブルで接続して使用することも可能になっている。従来機種と同様に、1台目のPCで確立したインターネットへのダイヤルアップ接続に2台目以降のPCを相乗りさせて、ダイヤルアップルータと同様の複数PCでの同時インターネットアクセスが可能な「ITMUX」通信機能も搭載している。Bluetoothで接続できるPCは同時に1台だけで、AtermITX92BTではシリアルとUSBで接続したPCと合わせて、最大3台のPCが同時にインターネットに接続可能となる。

 本体サイズは58(W)×133(D)×172(H)mmで、フロントパネルには漢字8文字×5行表示が可能な液晶パネルを装備しており、電子メールの着信や絵文字による天気予報通知などの表示が可能。



PCとUSB接続して利用するBluetoothアダプタ「AtermBT01U」。右が縦置きスタンド付属の「for DESKTOP」、左が携帯ケース付属の「for MOBILE」。
 Bluetoothアダプタ「AtermBT01U」は、本体サイズ57(W)×23(D)×57(H)mmとコンパクトなUSB接続(バスパワード)の無線通信アダプタ。通信速度は最大720kbps(理論値)で、Bluetooth通信機能を持たないPCに接続してAtermITX92BTなどのBluetooth対応デバイスとのワイヤレスを可能にするほか、AtermBT01Uを接続したPC同士で通信することもできる。

 対応OSはAtermITX92BTがWindows 98/Me/2000、AtermBT01UがWindows 98 SE/Me/2000。

 今回発売されるパッケージは、単体の「AtermITX92BT」、AtermBT01Uに2mのUSBケーブルと縦置きスタンドが付属するデスクトップPC向けの「AtermBT01U for DESKTOP」、同じく40cmのUSBケーブルと携帯ケースが付属するノートPC向けの「AtermBT01U for MOBILE」、およびAtermITX92BTとそれぞれのAtermBT01Uがセットになった「AtermITX92BTSTARセット for DESKTOP」、「AtermITX92BTSTARセット for MOBILE」の5製品。価格はいずれもオープンプライスで、実売価格はAtermITX92BTが3万円弱、AtermBT01Uの両パッケージがともに1万円台後半、セットモデルはそれぞれ4万円台後半と予想される。

日本電気(株)AtermStation
問い合わせ先 Atermインフォメーションセンター 0120-361138/0471-85-4761



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン