このページの本文へ

セガ、プライベートショーを開催、『VF4』とiモードコンテンツ“VF.NET”を展示

2001年05月18日 19時58分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)セガは18日、2001年春のプライベートショーを開催、関係者向けにアミューズメント施設向けのアーケードゲーム新製品を披露した。

最も注目を集めていたのは、やはり人気3D格闘ゲーム最新作『バーチャファイター4』(以下、VF4)。試遊台には長蛇の列ができ、途切れることがなかった。

VF4
VF4試遊台コーナーの様子

VF4は、3ボタン(パンチ/キック/ガード)と1レバー(8方向)で操作する3D格闘ゲームで、使用基板は『NAOMI2』。特定の技を出すときにボタンを押しっぱなしにすると威力の高い“ため攻撃”が繰り出すほか、逃げコマンド入力で相手の攻撃を避けている最中に技コマンドを入力すると、相手の攻撃をかわしながら反撃できる“避け攻撃”を繰り出せる。

また、相手を壁際に追い詰めて攻撃をヒットさせると、相手を一定時間よろめかせることが可能。さらに特定の攻撃がヒットすると壁を破壊でき、相手をリングアウトにさせることも可能となる。そのほか、相手の攻撃を受けてダウンした場合、着地寸前にコマンドを入力すると受身が取れるようになっている。

VF4は、ICメモリーカード『VF4 CHARACTER ACCESS CARD(仮称)』に対応しており、アクセスカードをゲーム筐体に挿入してから対戦すると、プレイデータがカードに保存される。

まず、店舗内で新規カードを購入し、アクセスカードをVF4筐体のコントロールパネルに備え付けられているカードリーダーに差し込み、プレイするキャラクターを選択する。選択したキャラクターはアクセスカードに記録されるため、次回プレイするときにカードリーダーにアクセスカードを差し込むと、そのキャラクターが自動的に選択されるようになる。1枚のアクセスカードには1人のキャラクターデータのみ記録可能。

アクセスカードを差し込んだ状態で対戦すると、対戦履歴などのプレイデータが記録され、勝利した場合は自分のキャラクターの“段位”が昇段するようになっている。この段位は対戦中、画面に表示されるようになっている。高段位になると、キャラクターの衣装が変わったり、装飾用のアイテムを入手できるという。現在、東京/池袋の池袋GIGOで、VF4のロケテスト(一般ユーザーを対象としたテスト稼動)が行なわれているのだが、そこにはアイテムの1つである“夜叉の面”を付けた高段位の“梅小路葵”がいるらしい。

アクセスカードアクセスカードは、デザインを数種類用意するという。VF4の筐体は、アクセスカード対応機、未対応機が用意され、アクセスカードを利用しなくても、従来のVFと同様にゲームセンター内で完結するものとしてプレイすることは可能だ。しかしアクセスカードを利用することで、対戦プレイの楽しみが拡大することは間違いないだろう。アクセスカードとVF.NETサービスは使わないと絶対に損(だと思う)
カードベンダー店舗に設置されるVF4専用カードベンダーの試作機

アクセスカードに記録された情報は、VF4筐体からネットワーク経由でセガのVF4用ネットワークサーバーに送信されるようになっている。

またセガは、VF4と連携するiモード用コンテンツ“VF.NET(仮称)”を用意する。これにより、VF4用ネットワークサーバーからiモードにVF4の各種データを配信できる。ユーザーは、iモードのVF.NETにアクセスし、トップページ画面で、自分の所有しているアクセスカードのID番号を入力すると、アクセスカードに記録された自分の段位や戦績などのデータを閲覧できるほか、自分のリングネーム登録も可能。また連勝数や総勝数などのランキング情報、技コマンド一覧、各店舗ごとの対戦盛り上がり度、段位分布などを閲覧できる。

iモード
VF.NET体験コーナーでは、開発中のVF.NETサービスの一部を閲覧可能

VF4は7月下旬に発売予定。VF.NETは6月より配信予定となっている。なお、池袋GIGOでのロケテストは12日~20日までで、1プレイ100円、アクセスカードは1枚500円となっている。

会場では、VF4のほかにも、さまざまな新製品の試遊台が設置された。

ウェブランナーGP
『ウェーブランナーGP』。マリンジェットを題材にしたレースゲームで、ヤマハ発動機(株)のマリンジェット『GP1200R』をモデルにしたというマリンジェット型ライドにまたがり操作する。ライドは空気圧制御の体感筐体となっており、水上を走る感覚をリアルに再現している
クラブカート
『クラブカート european session』。カードシステムを採用し、磁気カードによるデータ記録が可能なカートゲーム。自分のカートとウェアやヘルメットを選択し、カートのシリーズ戦に参加してタイムや総合順位を競う。クラスごとのレースに参加し、よい成績を残すとチャンピオンシップレースに参加できるようになる
クラッキンDJ『クラッキンDJ PART2』。DJのテクニックを疑似体験できるDJシミュレーションゲーム。2つのターンテーブルとフェーダーを使ってプレイする。用意される曲は30曲
ビーチスパイカーズ
『ビーチスパイカーズ』。真夏のビーチを舞台にしたビーチバーレーゲーム
スーパーメジャーリーグ
『スーパーメジャーリーグ』。全30チーム、30球場、総勢700名以上のメジャーリーガーが登場する野球ゲーム

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン