このページの本文へ

PalmでPS/2キーボードを使用するためのアダプタが登場

2001年05月04日 23時29分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「PalmVx」で通常のPS/2キーボードが使用できるようにするためのアダプタが登場、秋葉館PDAが6980円で販売を開始した。

パッケージとアダプタ アダプタアップ アダプタのコネクタアップ

 この製品はダイヤテックの「HATcker101」(ハッカー101)。同社ホームページの説明によると、Palm V/Vx、WorkPad c3に使用可能で、80(W)×53(D)×28(H)mmといったサイズ。Palmデバイスには写真のように装着して使用する形になる(使用可能なキーボードに制限があるか否かは不明)。
 このアダプタは単4電池が必須(別売り)で、接続したキーボードを使用可能にする場合は電源をONにする必要がある。本体とアダプタとの通信には赤外線を使用する。

装着しているところ 装着しているところ
マニュアルの操作説明部

 同梱マニュアルによると、PS/2キーボードを接続した後、電源を投入。アプリケーションの画面でキーボードを選択して有効ボタンをタップ。初期化に成功したら、画面に「キー入力が可能ですと表示される」という。なお、1分以上キー入力が行われない場合は、電力節約のためにスリープモードに入る。



マニュアルのアダプタ説明部

 これまで、Palmデバイスでキー入力を行うには「Palm Computing Portable Keyboard」などの折りたたみ式専用キーボードが必要(コラムを参照)だった。実際に試用していないためキー入力の快適度はわからないが、このアダプタの登場によって、少ない投資でキー入力が可能となるわけだ(もっとも、専用キーボードには折りたたみ式のため、持ち運びが容易であるという大きなメリットがあるが…)。ちなみに、推定作動時間は連続30時間となっている。



  【取材協力】  

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ