このページの本文へ

OpenGLカード期待の星? FireGL3が入荷

2001年04月21日 00時00分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パッケージ
パッケージ。従来製品と同じものに“THREE”のシールが貼られている

 先日、ATI TechnologiesがSONICblueから買収したばかりのFGL Graphicsより“FireGL”シリーズの最新作「FireGL3」が登場した。FireGL3と従来製品「FireGL2」との違いは以下のようになっている。


FireGL3FireGL2
接続端子DVI-I×2
D-Sub15ピン変換コネクタ付
D-Sub15ピン×1
VRAM128MB DDR SDRAM64MB DDR SDRAM
サイズFull Size2/3 Size
FSAAサポート非サポート
カード

 特徴的なのは3DCG現場が急速に液晶ディスプレイへ移行していることを踏まえ、ビデオ出力端子がDVI-Iに変わっていることだろう。OpenGLカードとしてデュアルディスプレイ対応というのは珍しくはないが、DVI-I端子を2つ備えるのは珍しい。
 DVIは液晶ディスプレイとデジタルで直接接続できる規格で、29ピンのDVI-Iと24ピンのDVI-Dの2種類がある。DVI-Iプラグを持つFireGL3にはDVI-I、DVI-Dどちらのプラグを差すことができ、よってデジタル端子を持つほとんどの液晶ディスプレイと接続が可能となる。



DVI-I端子
DVI-I端子を2つ備え、さらに用途不明のコネクタを装備するため、ブラケット部が“2段重ね”になっている
パッケージ裏
さすがに間に合わなかったのか、パッケージにはまだSONICblueの1部門だとプリントされている

 メインコントローラ、ジオメトリエンジンともにIBM製を使用しているのは従来のFireGLシリーズと同じ。対応OSはWindowsNT/2000、LinuxとなっておりIntel SSEとAMD 3DNow!をサポートしている。入荷しているUSER'S SIDE本店では、29万8000円で販売中だ。



【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ