このページの本文へ

Intel Play コンピュータ サウンド モーファ

Intel Play コンピュータ サウンド モーファ

2001年04月19日 14時04分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテル(株)は、PCと連携して遊べる子供向けのデジタルトイ「Intel Play」シリーズとして、さまざまな音を録音し、PCで編集/加工して楽しめる「Intel Play コンピュータ サウンド モーファ」を発表した。

Intel Play コンピュータ サウンド モーファは、レコーダ本体と編集ソフトに加え、ヘッドフォンやベルトグリップなどが同梱される。

 Intel Play コンピュータ サウンド モーファは、PCに接続する顕微鏡「Intel Play QX3 コンピュータマイクロスコープ」に続くIntel Playの第2弾となる製品。
 本体はハンドマイクほどの大きさのデジタルオーディオレコーダで、音声を始めとするサウンドを記録できる。PCへのサウンドの転送はPCのマイク端子を使用する。PC上では付属のソフトウェアを使って音声の加工/編集/合成/保存/再生を行える。音声にほかの音声を足したり、音節ごとに区切って並べ替える簡易編集や、さまざまな特殊音響効果をかけることができるほか、音声に合わせて画面上のキャラクタがアニメーションするといったことも可能。また、英語文章の読み上げ機能も備わっている。対応OSは、Windows95 OSR2/98/Me。
 価格は6900円で、発売は5月中旬。対象年齢は6歳以上。

インテル(株)
問い合わせ先 インテル・ホットラインサービス 0120-868686



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン