このページの本文へ

OradNet's TOPlay Soccer

OradNet's TOPlay Soccer

2001年04月20日 21時57分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米Intel CorprationはイスラエルOradNet Inc.との共同開発により、過去のサッカー試合をどんなアングルからでも見ることができる3Dソフト「OradNet's TOPlay Soccer」を発表した。

試合進行を早送り/巻き戻し/スローモーションで再生でき、3D空間上の任意のポジションの視点から試合を観戦できる「OradNet's TOPlay Soccer」。

 OradNet's TOPlay Soccerは、過去のサッカー試合の選手の動きなどを記録したデータと、サッカー場や選手を3Dレンダリングして表示するプレーヤソフトによって構成される。ユーザーは任意の視点でサッカー試合を見ることができ、ボール視点や選手視点など、臨場感のある観戦が可能。ゲームのデータは観戦中もOradNetのサーバ上に置かれており、早送り/巻き戻しなどの操作に応じてデータが配信されるという、双方向のサービスとなるわけだが、各種テクスチャなどは最初にダウンロードされてゲーム進行中は選手の動作データのみとなり、56kbpsモデム環境でも快適に表示される。
 4月30日より、OradNetのWebサイトでのダウンロード配布が予定されている。課金システムは現在のところ不明だが、表示されるサッカー場の広告を募集したり、画面をクリッカブルとして選手のウェアや靴をオンライン販売するサイトにリンクするといった商業展開も予定されている。

カメラアングルを自由に設定できるほか、選手データや実況中継ウィンドウなどが表示される。
 動作環境に関しては未公開だが、OradNet's TOPlay SoccerはマクロメディアShockware PlayerとIntel internet 3D graphic technology、intel Streaming Web Videoを採用し、Pentium 4に最適化しているという。

Intel Corpration

OradNet Inc.



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン