このページの本文へ

ASUSTeKの限定版マザー「CUSL2-C Black Pearl」がいよいよ販売開始!

2001年04月06日 23時40分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CUSL2-C Black Pearl

 3月15日の記事で紹介したASUSTeKの限定版「CUSL2-C Black Pearl」がようやく発売された。すでにお伝えしたとおり、黒い専用のパッケージにASUSTeK初の黒色マザーボード、ロゴ入りの自作用工具が収められている特別仕様だ。



金色のチップヒートシンク
NorthBridgeにはロゴ入りの金色チップヒートシンクが貼られている
工具セット
予定どおり同梱したロゴ入りの工具セット。右が分解したところだ
パッケージ
こちらがパッケージ
リビジョン

 ボード自体は、従来からある「CUSL2-C」と大きな変更はないようだ。ボードのリビジョンがCUSL2-Cの“1.02”からCUSL2-C Black Pearlで“1.04”と上がり、若干レイアウトに変更が見られるものの、1MHz刻みのオーバークロック機能や、各種電圧設定など、CUSL2-Cで人気となった機能に変更はない。



COM2復活
バックパネル部は変更となり、これまでぽっかり空いていた“CUSL2でVGAコネクタのあった場所”にCOM2シリアルコネクタを搭載した
オンスクリーンロゴ
ギガパレス秋葉原本店の協力で実際に起動してみたところ、写真のような起動スクリーンがあらわれた。16bitカラー、640×480ドットのビットマップをLOGO.EXEが100KB程度に縮小して“energy star”の画像と入れ替え、表示させている

 しかし、BIOSには従来製品にない、面白い仕掛けが搭載されている。メーカー製PCや、一部の他社製マザーボードで見られる機能ではあるが、CUSL2-C Black Pearlは、起動すると画面一杯に“CUSL2-C Black Pearl”というオンスクリーンロゴが表示される。しかもこのオンスクリーンロゴは、付属の、これまた特別仕様の黒いドライバCD-ROM内“LOGO.EXE”というMS-DOSベースの実行ファイルで変更できる。ビットマップ形式で16bitカラー、640×480ドットの画像を用意し、LOGO.EXEから直接BIOS ROMに書き込めば、任意の画像をオンスクリーンロゴに指定可能だ。



特別仕様CD-ROM
特別仕様の黒いドライバCD-ROM。ただし裏面は黒じゃないので、あしからず
サムネイル
CD-ROMにはサンプル画像もいくつか付属しており、マニュアルにそのサムネイルが用意されている
LOGO.EXE
LOGO.EXEの使用方法。AwardFlash Utilityを用いて直接BIOS ROMに書き込む
クイックセットアップガイド

 TSUKUMO eX.で展示が始まった際、代理店のユニティは「日本語マニュアルが完成したら出荷する」としていた。しかし、今回出回ったモデルにはなぜかその日本語マニュアルが付属していない。日本語を含む4カ国語対応の“クイックセットアップガイド”は付属しているのだが、マニュアルは英語のままである。これについてユニティによれば、マニュアルは完成しているものの、工場出荷時のトラブルで初期ロットには入らなかったとのこと。来週以降入荷する次回出荷分からは日本語マニュアルを同梱するという。

 なお、CUSL2-C Black Pearlの販売数は限定5000枚となっている。限定モノ好きは要チェック。



6日現在の価格情報

価格ショップ
\16,500ギガパレス秋葉原本店
\16,700フェイス
\16,800OVERTOP
\16,900PCiN秋葉原
\17,499カクタソフマップ
\17,500TWOTOP 1号店
\17,800クレバリー1号店
クレバリー3号店
高速電脳
TSUKUMO eX.
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ