このページの本文へ

PC-XJ800R/PC-FJ520R/PC-MJ740C

PC-XJ800R/PC-FJ520R/PC-MJ740C

2001年03月02日 14時24分更新

文● 佐久間

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープ(株)は、1月17日に発表した2001年春モデル(ニュース記事)に続き、メビウスノート春モデル第2弾として「PC-XJ800R」「PC-FJ520R」「PC-MJ740C」3機種を発表した。出荷開始はXJ800RとMJ740Cが3月31日、FJ520Rが3月17日を予定している。

PC-XJ800R
FDDをオプションにして33.3mmの薄型化を実現した、CD-RWドライブ内蔵A4ノート「PC-XJ800R」。シャープ春モデルの主力製品だ。

 1400×1050ドット/フルカラー表示が可能な14.1インチワンダーピクスTFT液晶を搭載したPC-XJ800Rは、書き込み8倍速/書き換え4倍速/読み出し24倍速のCD-RWドライブを内蔵した薄型A4ノート。FDDはオプションで、メモリ128MB、HDD 20GBを内蔵する。本体サイズと重量は309(W)×252(D)×33.3(H)mm/約2.6kg。なお、本機種についてはレビュー記事を掲載しているので、併せてご確認いただきたい。



PC-FJ520R
SLAPボタンとシルバー&ダークブルーの2トーンカラーが特徴的な「PC-FJ520R」。

 “クリエイティブマインドを刺激するコンパクトAVノート”「PC-FJ500R」のマイナーチェンジモデルPC-FJ520Rは、CPUがMobile Celeron-600MHzからMobile PentiumIII-650MHzに、内蔵CD-RWドライブのスペックが書き込み8倍速/書き換え4倍速(FJ500Rはともに4倍速)に高速化し、内蔵HDDが12.1GBから20GBに増強されている。筐体には変更なく、左右側面に“ピンボールのフリッパー”のように配置されたワンタッチ機能ボタン「SLAPボタン」も健在。DJ&VJ関連のプリインストールソフトにも変更はない。ただし、FJ500Rのレビューで提言していたTV出力機能は、残念ながら今回追加されなかった。



PC-MJ740C
「PC-MJ740R」は、1月に発表した一連のMJシリーズの最上位に位置する、コンボドライブ内蔵ノート。

 ミッドレンジのA4オールインワンノート「PC-MJシリーズ」の最上位機種として登場したPC-MJ740Cは、CPUにMobile PentiumIII-800MHz、チップセットにSiS630を採用するパフォーマンス重視の仕様になっている。メモリは標準で128MB(最大256MB)、HDD 20GB、書き込み8倍速/書き換え4倍速/DVD読み出し8倍速/CD読み出し24倍速のCD-RW&DVDコンボドライブを内蔵する。

 そのほか、各モデルの主なスペックは表のとおり。
 価格はいずれもオープンプライスで、予想実売価格はPC-XJ800Rが27万円前後、PC-FJ520Rが24万円前後、PC-MJ740Cが27万円前後とみられる。


表 シャープの2001年春モデル第2弾、3製品の主なスペック
製品名 PC-XJ800R PC-FJ520R PC-MJ740C
CPU Mobile PentiumIII-700MHz Mobile PentiumIII-650MHz Mobile PentiumIII-800MHz
メモリ 128MB 128MB 128MB
液晶 14.1インチ
ワンダーピクスTFT
14.1インチ
低反射ブラックTFT
14.1インチ
低反射ブラックTFT
解像度 1400×1050ドット/
フルカラー
1024×768ドット/
フルカラー
1024×768ドット/
フルカラー
HDD 20GB 20GB 20GB
ドライブ CD-RW(書き込み8倍速、書き換え4倍速、読み出し24倍速) CD-RW(書き込み8倍速、書き換え4倍速、読み出し24倍速) CD-RW&DVD(書き込み8倍速、書き換え4倍速、DVD8倍速、CD24倍速)
OS Windows Me Windows Me Windows Me
Office 2000
出荷開始時期 3月31日 3月17日 3月31日

(株)シャープ
問い合わせ先 043-299-8021/06-6794-8021

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン