このページの本文へ

日本IBM、ホームページに“ThinkPad館”を開設

2000年12月27日 16時11分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本アイ・ビー・エム(株)は26日、同社のホームページのコンテンツとしてIBM Computer Museum“ThinkPad館”を開設したと発表した。

“ThinkPad館”は、 '92年に発売して以来ロングセラーとなっているIBMのノート型パソコン『ThinkPad』について、子供から大人までが楽しめるように絵や音、アニメーションなどを使って解説するウェブページ。トラックポイントから、液晶ディスプレー、マザーボードまで、ThinkPadのパーツを分かりやすく解説する“Everything (ThinkPadのすべて)”、ThinkPadが受ける角落下試験、熱特性試験などの耐久テストを紹介する“Lab Tour (ThinkPad テストLabツアー)”、ThinkPadって、なぜ黒いの?なぜThinkPadっていう名前なの? など、 ThinkPadに関する素朴な疑問を集めた“Various (ThinkPadあれこれ)”の3つのコンテンツを用意する。また、ニューヨーク近代美術館に展示されている“バタフライ”というニックネームを持つ770Cなど、さまざまな特徴ある形のThinkPadも紹介している。

画像
“ThinkPad館”

なお、“ThinkPad館”は、新千年紀記念行事として開催される“インターネット博覧会(通称:インパク)”における日本IBMの活動の一環として開設する。日本IBMは、インパクに参加し、“e-business Everywhere for Everyone - e-ビジネスはみんなのために! -”をテーマとしてウェブ上にパビリオンを開設することを発表しており、既にプレオープンしている。

http://www.ibm.com/jp/event/museum/thinkpad/
ThinkPad館
http://www.inpaku.jp.ibm.com/
インパクIBMパビリオン
http://www.jp.ibm.com/
日本IBM

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン