このページの本文へ

ソフトバンク、日本アリバの第3者割当増資を4000万ドル引き受け

2000年10月20日 20時47分更新

文● ASCII24 Business Center 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトバンク(株)とその子会社のソフトバンク・イーコマース(株)は、米Aribaの100パーセント子会社である日本アリバ(株)の第3者割当増資を引き受けることで、米Aribaと合意したと発表した。ソフトバンクグループは、4000万ドル(約43億円)を引き受ける。その結果の持ち株比率は、米Aribaが60パーセント(うち5パーセントが社員の持ち株)で、40パーセントがソフトバンクグループとなる。

あわせて、B2B事業の展開についても合意しており、ソフトバンクグループが積極的に米Aribaの製品を同社の事業に取り入れていくという。具体的には、同グループ内の電子調達システムとして採用するほか、産業ごとのB2B市場の計画、合弁となった日本アリバが日本市場向けに「Ariba Commerce Services Nwtwork」を構築する予定という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン