このページの本文へ

米IBM、次世代AIX『AIX 5L』を発表

2000年09月14日 21時49分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本アイ・ビー・エム(株)の13日の発表によると、米IBM社はAIXの新バージョン『AIX 5L』を発表した。AIX 5Lのベータリリースは2000年秋を予定している。

『AIX 5L』は、次世代の先進テクノロジーとLinuxとの親和性を備え、IBMのPOWERプラットフォームと米インテル社のIA-64プラットフォームの両方をサポートするUNIX。世界の各種のソフトウェア/ハードウェアのテクノロジーを取り込み、“プロジェクトモントレー”における成功を実証した製品になるという。

AIX 5L V5.0では、ワークロード管理(WLM:Workload Manager)において、CPUとメモリーだけでなく、ディスクI/O の管理も可能になる。これによりIT管理者は、ウェブサーバーでアプリケーションとリソースの優先順位付けを行なえるようになるという。Java 2 Version 1.3のサポートのほか、Linuxと親和性を持つ機能“Linux affinity”も提供する。これによりソースコードを再コンパイルするだけで、Linux用に開発した多数のアプリケーションをAIX 5L上で稼動させられるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン