このページの本文へ

JASRACとNMRC、“ネットワーク上での有料の音楽利用に関する著作物使用料について暫定合意”の期間を延長

1999年03月26日 00時00分更新

文● 報道局 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (社)日本音楽著作権協会(JASRAC)とネットワーク音楽著作権連絡協議会(NMRC)の間で合意された“ネットワーク上での有料の音楽利用に関する著作物使用料について暫定合意”の期限を、2000年3月31日まで延長したと発表した。暫定合意はインターネットコンテンツを配信する際の著作権料に関するもので、ダウンロード/ストリームといったデータの利用形式別に、音楽やニュースなどコンテンツの著作物使用料を定める。

 この暫定合意は昨年11月26日になされたもので、'99年4月1日以降に関しては継続協議となっていた。なお、2000年4月1日以降に適応される正式の規定は、今後両者で協議していく予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン