このページの本文へ

ターボリナックス、技術者認定制度「Turbo-CE」の教材をTurboLinuxにバンドル

2000年10月25日 20時58分更新

文● 植山 類

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ターボリナックス ジャパン(株)は10月25日、Linux技術者認定制度「Turbo-CE」向けの教材「# make Turbo-CE」をTurboLinuxにバンドル、期間限定のキャンペーンパッケージとして販売開始した。

 バンドルされるのは、エントリーモデルの「TurboLinux Workstation 日本語版 6.0 LE」と、サーバ専用モデル「TurboLinux Server 日本語版 6.1」で、2000年12月24日までの期間限定で各100セットが用意される。販売は、同社が運営するオンラインショップ「TurboLinux OnlineShop」限定で行なう。

 Turbo-CEは、ターボリナックスが推進する技術者認定制度。「# make Turbo-CE」はTurbo-CE試験に対応した問題と解説集で、総合的な実力評価に加え、受験者の弱点をチェックすることができるという。

 価格は次のとおり。

  • 「TurboLinux Workstation 日本語版 6.0 LE」バンドルパッケージ(単体価格6800円): 2万9000円
  • 「TurboLinux Server 日本語版 6.1」バンドルパッケージ(単体価格3万9800円): 5万9000円

 「# make Turbo-CE」の単体価格は2万5000円。

 ターボリナックス ジャパンは、TurboLinuxに教材をバンドルして、割引価格で販売することにより、Turbo-CE資格取得の加速を期待しているという。

カテゴリートップへ

ピックアップ